記事

口癖は「金を稼ぐなんて簡単」コロナ給付金詐欺で贅沢三昧“シャンパン王子”のド派手生活〈被害総額は3億円以上〉 - 「文春オンライン」特集班

「昨年の夏に『持続化給付金を倍に増やせる』などとSNSに堂々と書き込んでいて、その頃からやたら金回りがよかった。コロナ禍なのに贅沢三昧で、周りの人も派手になって、交際相手もモデル。何か裏の仕事をしているとは思っていましたが……」

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 こう話すのは、新型コロナウイルス対策の「持続化給付金」制度を悪用し、現金100万円をだまし取った詐欺容疑で1月20日に逮捕された飲食店経営・結城世成容疑者(23)の友人だ。


結城容疑者のInstagramより

「手下の実行犯は300人、被害総額は3億円以上」

 コロナ禍で厳しい経営状態に追い込まれた個人事業主らを支援する経済対策として2020年5月から実施されている持続化給付金制度。新型コロナの影響で事業収入が50%以上減少した月があることなどを条件に、個人事業主なら最大100万円を給付する制度だ。

 結城容疑者は、自身を頂点にした“ピラミッド型”の組織を作って、危機的な状況にある飲食業界を支えるこの制度を“食いもの”にしていた。

「結城容疑者は、虚偽の事業内容や収入の情報で持続化給付金が受け取れる申請方法の手口を、田村龍斗被告(21、詐欺罪で起訴)ら“指示役”にSNSなどを通じて指導。さらに、田村被告らが具体的な犯行の指示を末端の実行役に出していました。

 驚くべきは、結城容疑者の先に実行犯が約300人もいたとみられること。被害総額は3億円以上。実行役には主に学生らを選んでいて、報酬は数万円渡すだけ。だまし取った金の8割は結城容疑者が受け取り、残りを田村被告ら指示役に分配していました」(社会部記者)

“シャンパン王子”と呼ばれた華やかな生活

 持続化給付金制度が始まった当初から、犯行を繰り返していたと見られている結城容疑者。

 前出の友人によると、給付金詐欺で金回りがよくなりはじめると、コロナ禍にもかかわらず、結城容疑者の生活は次第に派手になっていったという。

 目黒区にある超高級タワーマンションに住み、自身のインスタグラムには、ブランド物の服に身を包んでいる自身の姿のほか、ミシュランで星を獲得しているお店の寿司、高級中華料理店の北京ダックなど“豪遊写真”が並んでいた。

 さらに、モデルの女性と交際していることを周囲に吹聴するなど、交友関係も変わっていったという。周囲にも、あまりの羽振りの良さに疑問を持つ人もいたが、結城容疑者は「トレーダー業で稼いでいる」と話していた。

「知り合いのバーや行きつけのキャバクラに行くと、必ずと言っていいほど高級シャンパンを注文することから、いつからかニックネームは“シャンパン王子”。彼が特に好んでいた銘柄のベルエポックから“ベルエ王子”と呼ばれることもありました。

 彼が飲みの場に来ると百万円単位でお金を使っていく。とにかく羽振りがいい。『金を稼ぐなんて簡単だよ』とよく話していましたが、高級ブランドの服を身に着け、数百万円から数千万円する高級時計を持っていたので、妙な説得力はありましたね」(前出の友人)

イッキ飲みで場を盛り上げ、人脈を広げていた

 結城容疑者は飲みっぷりも派手だったという。

「酒の席になると誰かれ構わず飲ませる“酒ヤクザ”でもありました。彼自身とてもお酒が強く、率先してイッキ飲みをして場を盛り上げ、人脈を広げていた。お金持ちの人たちからはとても可愛がられていました」(同前)

 宮城県仙台市で生まれ育った結城容疑者は、もともとは仙台の繁華街・一番町でバーを経営していた。結城容疑者が上京してきたのは、新型コロナの感染が拡大し、持続化給付金制度が始まった2020年5月頃。東京でバーを出店することが目的だと語っていたという。

 仙台時代から結城容疑者と交流のある友人が、口を開く。

「俺は仙台のバーで一番売り上げている」

「仙台に住んでいた頃から世成は頻繁に東京に足を運んでいました。東京に行って飲み会に参加していることも多く、知り合いのバーなどに顔を出し、『俺は仙台のバーで一番売り上げている』と豪語していました。

 実際に彼の経営する仙台のバーは、見た目も爽やかでノリもいい彼目当てに訪れるお客さんが多くて、仙台の若者のあいだでは有名でした。ところが突如、『東京にバーを出す』と言って昨年春に上京してしまった。そのバーは、残された従業員が続けていましたが開店休業状態。あまりに急な変化に周辺では『トラブルを起こして仙台にいられず、東京に行ったのでは』とも噂されていました」

スマホやパソコンからは不正申請の形跡が

 今回の事件の家宅捜索では、結城容疑者の通帳やパソコン、スマートフォンなど100点近くを警察が押収している。前出の社会部記者が解説する。

「押収された結城容疑者のスマホやパソコンを解析したところ、不正申請の名義人約300人分の情報を管理していた形跡があったそうです。事件の端緒は、昨年11月に当時19歳の少年2人が詐欺容疑で逮捕されたこと。その後、田村被告の指示が判明し、その先にいた結城容疑者の逮捕に繋がった。今後も芋づる式に、結城容疑者とともに詐欺に関与していた人物が、さらに浮上するかも知れません」

 この年末には、逮捕を予感して「逃げ回っている」とも噂されていた結城容疑者。同じ飲食店経営者でありながら、コロナ禍で苦しむ業界を踏みにじった代償は重い。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「詐欺」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  2. 2

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  3. 3

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  4. 4

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  5. 5

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  6. 6

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  7. 7

    世界コロナ感染者7週ぶり増加、年内の終息「非現実的」=WHO

    ロイター

    03月02日 03:20

  8. 8

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

  9. 9

    東京五輪を"ボイコット"する日本国民がこうむる「どえらい逸失利益」

    PRESIDENT Online

    03月02日 12:04

  10. 10

    山田真貴子内閣広報官の留任→入院→辞任。責める側に問題があれど、菅内閣の危機管理はあまりにお粗末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月02日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。