記事

「この街ではマスクはいらんがな」日本最大のドヤ街「あいりん地区」はコロナに強い街だった

2/2

 あいりん地区でコロナ患者が出ない理由については、地元では「路上生活者は一人暮らしだから密にならない」とか、「路上生活で普段から免疫力が高い」「段ボールハウスはすきま風が入るから換気がいい」など、様々な説が出ている。

 そのなかでも有力な説のひとつが、20年ほど前から進めてきた結核対策がコロナ予防にも役立っているという仮説だ。当時、路上生活者らに結核が蔓延し、2001年から「STOP結核」作戦が展開された。その結果、10年間で結核罹患率が半減した。それでも全国平均の約30倍だった。2012年には西成特区構想の一環として結核対策がさらに強化され、さらに半減して現在は約15倍程度に。その数字についても、「もともと結核にかかっていた方が、高齢化したり栄養状態が悪かったりして発病したものだと考えられます。あいりん地区で感染が広がっているということではありません」(同区保健福祉課感染症対策担当)という。

 1999年から本格的に実施されているのが、大阪府と大阪市が共同で始めた高齢者特別清掃事業だ。これは生活困窮者の雇用対策の意味もあったが、55歳以上の人が登録しておくと、月に4~5回ほど地区の清掃の仕事が回ってきて、集団で巡回してゴミ拾いなどをしている。実際、あいりん地区を歩くと、ドヤ街と聞くイメージとは異なり、道路にはゴミひとつ落ちていない。

 この仕事の日給は5700円。とにかく物価の安い同地区で生活するには大きい金額だ。自販機のドリンクは50円が常識で、ペットボトルが30円からという自販機さえある。惣菜店の店先に並ぶ弁当は200円台だ。

 なかば閉ざされた空間で、独自の衛生対策、生活様式、そして経済を営む街は、コロナ禍をたくましく生き抜いていた。『週刊ポスト』(2月1日発売号)では、あいりん地区の生活ぶりをフォト・ルポルタージュで紹介している。

あわせて読みたい

「あいりん地区」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  2. 2

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  3. 3

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  4. 4

    外出自粛の要請に従わない世の中 同調圧力で機能してきた日本のコロナ対策は限界

    緒方 林太郎

    04月19日 11:32

  5. 5

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  6. 6

    ワクチンに関する政府の発信の不安定さ

    大串博志

    04月19日 08:29

  7. 7

    中国が反発したくなるほどインパクトがあったのだから、日米共同声明はよかったということだろう

    早川忠孝

    04月18日 17:03

  8. 8

    会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす」

    キャリコネニュース

    04月18日 14:05

  9. 9

    日産元会長逮捕劇の端緒は常勤監査役の覚悟にあった-日産クーデターの真相より

    山口利昭

    04月19日 08:51

  10. 10

    まん延防止で休業している飲食店経営者は、今どこで何をしているのか?

    内藤忍

    04月19日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。