記事

じわりじわりと重くなっていって

どんなに強烈な上昇相場も、はたまたバブル相場でも、あるところから上値追いの勢いが鈍りだす。

そして、相場動向に上値が重くなったような症状を見せ始める。 その症状にも、ふたつのパターンがある。

ひとつは、高値とみて利益確定の売りが次々と出てくるが、それにもめげず買いがどんどん入ってくるパターン。

売りと買いとが真っ向からぶつかり合って、壮絶なる力勝負をしているわけだ。

表面上は、上へも下へも行かない膠着相場の様相を見せるが、マーケット内ではすさまじい売買が繰り返されている。

そういった力勝負を売り方が制すれば、さしもの上昇相場もガタガタと崩れ落ちていく。

逆に、買い方の勢いが勝れば、相場は上っ放れて新たなる上昇相場のパターンを描き出す。

これを新値追いといって、買い方の勢いは一気に高まり、さらにすさまじい上昇相場になっていく。

なにしろ、そこまでの売り方は総崩れとなり、一転して買い方として参入してくるのだから。

また、それまでの空売りなどの買い戻しも、新値追いに入った上昇相場を加速させる要因となっていく。

もうひとつは、上値追いの勢いが鈍っていくパターン。 小幅な上昇をしては、一休みするといった相場展開が中心となる。

この場合、バブル熱気はまだ続いている。 それで、売りはほとんど出てこない。

しかし、買いの勢いも落ちてきている。 そのため、市場での売買は急速にうすれてしまう。

これも表面上は膠着相場の展開だが、前者とはまったく違う展開となっていく。

もうどこで大崩れとなってもいいが、そのきっかけを待っているといった場味(相場展開)なのだ。

現行の金融バブルだが、いままさにこの状態に入ってきたと思われる。

先進各国の中央銀行が胴元となっているから、ほとんどの投資家は怖れ知らずで上値を買いまくってきた。

しかし、さすがに「このまま買い上がっていって大丈夫か」といった、バランス感覚のようなものが芽生えてきているのだろう。

あまりの高値を買い上げることに対し、経済合理性の意識が徐々に働きだしているわけだ。

それで、買い上がりの勢いが鈍ってきている。 バブルのさ中ではあるが、その熱気は常識的な判断に押され出しているのだ。

こうなってくると、文字通りの「きっかけ待ち」である。 なにかの加減で、ドスーンと下がり、それを合図にバブルは崩れ落ちていく。

あるいは、上値が重くなり徐々に下げる度合いがひんぱんになり、どこかで棒下げに入っていくのかも。

ともあれ、この前代未聞の金融相場も、そう遠くない将来に崩落局面を迎えるのだろう。

あわせて読みたい

「バブル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  3. 3

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  6. 6

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  7. 7

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  8. 8

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  9. 9

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。