記事

感染症法の刑事罰削除で合意 感覚がズレている国会議員

与野党は、昨日28日、新型コロナウイルス対応の法案修正について、感染症法改正案での入院拒否者などへの刑事罰を削除し、行政罰の過料に変更することで合意しました。

特措法改正では営業時間短縮命令を拒んだ事業者への過料も引き下げます。合意により、改正案は、今日29日の衆院本会議で審議入りし、2月3日の参院本会議で成立する見通しです。

法案修正のポイントは、特措法では、
〇営業時間短縮命令を拒んだ事業者への過料は、緊急事態宣言下では30万円以下、まん延防止等重点措置下では20万円以下
〇まん延防止措置実施に伴う国会報告は、付帯決議で担保
〇事業者支援は、効果的なものになるよう取り組む旨を、国会答弁で明確化。

感染症法では、
〇入院拒否者への刑事罰「1年以下の懲役か、100万円以下の罰金」を削除。行政罰の過料とし、50万円以下に
〇疫学調査拒否者への刑事罰「50万円以下の罰金」を削除し、過料30万円以下に、
という改正になります。

現場からも学者からも、刑事罰への反対が強かったので、当然の修正だと思います。罰則で締め付けるのではなく、規制と同時に補償がなければならないのに、それは国会答弁で、というのは物足りず、今後もしっかり見ていかなければと思います。

与党が修正に動いたのは、自民、公明の幹部が、銀座で遅い時間まで飲食したことや、厚労省の専門部会で、慎重、反対の意見が多数を占めていた議事録が公開されるなどしたため、といわれています。

コロナ対応では、永田町の国会議員の、国民の感覚とかけ離れた行動が目立ちます。国民に規制し罰則までかけようとしながら、自分たちは夜遅くまで飲食していていいと思っているのでしょうか。

また、自民党の部会が、向かい合わせの席で密に議員が座り、缶のお茶があり、大きな声で議論している、と報じられ、信じられない光景です。また、7割はリモートに、といいながら国会では全く進んでいません。

私たちと同じ感覚を持つ議員を選ばなければなりません。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  2. 2

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  3. 3

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  4. 4

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  5. 5

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  6. 6

    東浩紀「“自由”の制限でウイルス消えず…長期的ヴィジョンなき罰則強化は現実逃避」

    文春オンライン

    02月24日 07:27

  7. 7

    ビートたけしが若者に「スマホを手放す勇気を持て」と語る理由

    NEWSポストセブン

    02月24日 17:00

  8. 8

    私がwithコロナではやっぱり飲食業界が厳しいと思う理由

    宇佐美典也

    02月24日 12:00

  9. 9

    2032年夏の大会の優先候補地はブリスベンに IOC

    ABEMA TIMES

    02月25日 08:28

  10. 10

    ZEROは0でない それをwithと言うと思いますが 立憲民主党はやはりPCR利益誘導?

    中村ゆきつぐ

    02月24日 06:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。