記事

電通が、avexが……「さらば!本社ビル」有名企業の悲哀史

山一破綻は本社ビル完成のわずか1年後だった(時事)

 コロナ禍は経済も企業活動も大きく変えた。2021年に入って、超一流企業の「自社ビル売却」が耳目を集めている。

【写真2枚】コクドに君臨した堤義明氏も最後は退任させられた。三陽商会の栄華を象徴した銀座のビルもついに売却。

 電通が東京・汐留の本社ビル売却を進めていることが報じられたのは1月下旬に入ってから。売却額は3000億円規模と見られ、優先交渉先も決まった。それにしても、2020年12月期決算が2年連続赤字の見通しとはいえ、資金も資産も潤沢な広告業界の雄の決断は、「ついにそこまできたか」と財界を驚かせた。

 同ビルは2002年竣工。地上48階建てで巨大な商業施設も入居し、電通の権勢を象徴する“城”だった。売却後も「店子」として本社機能は残す計画だが、自社ビルを失う衝撃は大きい。ある中堅社員は、「コロナ後は出社する社員が8割減で、こんな広いオフィスは要らないと冗談で言っていましたが、まさか本当に売却されるとはショックです」と語る。

 昨年12月には、音楽業界の大手・エイベックスも東京・南青山の自社ビルを売却すると発表している。電通社員が言うように、コロナ対応でリモートワークが浸透した企業では、自社ビルか賃貸かにかかわらず、オフィスをダウンサイジングする動きがあるが、有名企業であるほど、周囲からは「経営がうまくいっていないのではないか」と見られて、デメリットも少なくない。『週刊ポスト』(2月1日発売号)では、電通、エイベックスはじめ一流企業の自社ビル売却の歴史を特集しているが、そこで紹介できなかった3つの企業のケースを振り返ってみる。

 企業の栄枯盛衰の象徴として語り継がれるのが、東京・原宿のコクド本社ビルの売却だ。同社はかつて西武グループの中核で、同グループの“天皇”だった堤義明・元会長がここからグループ幹部に指示を飛ばす本陣のような場所だった。堤氏はここにヘリコプター通勤しているという都市伝説もまことしやかに語られた。

 しかし、2004年に発覚した証券取引法違反事件で堤氏も翌年3月に逮捕され、グループは再編に乗り出す。「脱・堤」を急ぐ新経営陣は、同7月には本社ビルを売却、8月には解体工事が始まり、わずか1年ほどの間に権力の象徴だったビルは更地に変わった。『経済界』編集局長の関慎夫氏が語る。

「原宿の本社ビルは、義明さんの居心地が良いように作られたお城でした。だから、彼が失脚すると同時に売却されたのも当然です。義明さんは当時、西武グループ社員からすると神様のような存在で、その言葉は絶対という社風でした。義明さんのすることに疑問を持つような人は、そもそも社員になっていなかった。記憶が定かではないのですが、たしか社屋には義明さんの父・康次郎さんを祀る仏間や茶室などもあったはずです。社屋というより、義明さんの私邸のようなものでした。ヘリコプター通勤? それは嘘じゃないですかね(笑)」

 一流の凋落を象徴する例として、関氏はもうひとつ、山一證券を挙げる。

「旧4大証券のなかでは、野村證券の本社ビルなどは古かったですが、山一の本社は抜きんでた威容を誇っていました。自社の所有ではありませんでしたが、上層階は社員の住居にもなっていて、“エレベーター通勤”する社員たちは喜んでいましたね」

 東京・茅場町にあった山一の新本社ビルは、同社が経営破綻するわずか1年前、1996年10月に竣工した。1年後には報道各社が押し寄せてテレビに連日映された場所だ(ちなみに、記憶に残る社長の号泣会見が行われたのはこのビルではなく、東京証券取引所だった)。破綻後には、大家だった秀和から追い出されるように退去し、社員たちが早朝に山一の看板をこっそり撤去した逸話も残る。ちなみに、このビルに面した道を大手町方向に歩くと、山一とほぼ同時に経営破綻した北海道拓殖銀行の旧本店もあり、金融業界では当時、「破綻ストリート」などという、ありがたくない名で呼ばれたこともある。

 コロナ禍のビル売却では、上記の電通、エイベックスに先行したのが、アパレル大手・三陽商会だ。2020年7月、銀座の旗艦店が入る自社ビルの売却を発表し、9月に退去した。同社は2015年にイギリスの高級ブランド「バーバリー」とのライセンス契約が終了し、それ以来、昨期まで4期連続の最終赤字に苦しんでいる。同社の大江伸治・社長はメディアの取材に、「新型コロナウイルスの感染拡大による減収を受け、キャッシュを確保するために決断した」と答えており、資金繰りのための苦しい売却であることを認めている。

 東京商工リサーチの常務情報本部長・友田信男氏は、「バーバリーとの契約終了の当時、社内ではそこまで深刻な影響が出るとは思われていなかったようです。しかし、減収減益が続き、人員整理も進めている。資産の切り売りをしなければならない苦しい状況です」と分析している。

あわせて読みたい

「電通」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  2. 2

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  3. 3

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  4. 4

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  5. 5

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  6. 6

    東京五輪を"ボイコット"する日本国民がこうむる「どえらい逸失利益」

    PRESIDENT Online

    03月02日 12:04

  7. 7

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  8. 8

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

  9. 9

    世界コロナ感染者7週ぶり増加、年内の終息「非現実的」=WHO

    ロイター

    03月02日 03:20

  10. 10

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。