記事
  • ロイター

米個人消費、12月は2カ月連続マイナス コアPCEは上昇


[ワシントン 29日 ロイター] - 米商務省が29日に発表した2020年12月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比0.2%減少し、2カ月連続のマイナスになった。新型コロナウイルス感染を抑制する制限措置のほか、政府の失業給付が一時的に期限切れになったことを受けた。

新型コロナ感染への警戒が強まる中、外食や病院、娯楽などへの支出が減少した。アナリスト予想の0.4%減ほどは悪化しなかった。11月は0.7%減少していた。

インフレ調整後の個人消費は0.6%減少。11月は0.7%減だった。

ハイ・フリークエンシー・エコノミクスの米国担当チーフエコノミスト、ルビーラ・ファルーキ氏は、個人消費はもともと低調だった上、「経済活動を制限している封じ込め措置が消費を圧迫する可能性が高い」と述べた。

個人所得は0.6%増に持ち直した。失業給付のほか賃金増も支援した。11月は1.3%減少していた。12月の貯蓄率は13.7%と、前月の12.9%から上昇した。

変動の大きい食品とエネルギーを除くコア個人消費支出(PCE)価格指数は前月比0.3%上昇。前月は変わらずだった。前年比は1.5%上昇。前月は1.4%上昇だった。同指数の前年比の動きは米連邦準備理事会(FRB)が物価の目安として注目している。

今回の指標では、物価が安定的に上昇していることが示された。別に発表された第4・四半期の雇用コスト指数も着実に上昇した。FRBが目標とする2%の物価目標には年内に到達するとみられているが、FRBは新型コロナ危機が続く間は超緩和政策を維持するとみられる。

PNCフィナンシャルのチーフエコノミスト、ガス・ファウチャー氏は「FRBはインフレ率が平均して2%、つまり一時的に2%を超えることを望んでいる」と指摘。ただ「高水準の失業率が賃金上昇を抑制するため、インフレ圧力は一部のセクターに限定されるだろう」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  2. 2

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

  3. 3

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  4. 4

    あの騒動から7年…佐村河内守氏、YouTubeで新曲公開「大変ありがたい」

    マイナビニュース

    04月19日 12:39

  5. 5

    ワクチンに関する政府の発信の不安定さ

    大串博志

    04月19日 08:29

  6. 6

    外出自粛の要請に従わない世の中 同調圧力で機能してきた日本のコロナ対策は限界

    緒方 林太郎

    04月19日 11:32

  7. 7

    ワクチン接種は景気を大きく左右する 接種が遅れる日本は消費回復も鈍いだろう

    野田佳彦

    04月19日 16:19

  8. 8

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  9. 9

    【読書感想】まちづくり幻想 地域再生はなぜこれほど失敗するのか

    fujipon

    04月19日 15:05

  10. 10

    まん延防止で休業している飲食店経営者は、今どこで何をしているのか?

    内藤忍

    04月19日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。