記事

脳に直接埋め込んだ電極で“うつ病改善”の試験結果 安全性が確認されれば“日常”に?

 世界的な科学誌『Nature』系列の医学誌で先日発表された、カリフォルニア大学の研究者による論文。それは、脳への電気刺激によってうつ病の症状が改善されたというものだった。

【映像】脳への直接の電気刺激でうつ病改善?

 研究チームは5年に及ぶ臨床試験の結果をもとに、患者一人ひとりの神経回路の特性を認識し、最適な治療場所を探し出す技術を開発。今回、その性能を確かめるため、重度のうつ病患者の女性(36)に対して最適な電気刺激を行う試験が行われた。

 この刺激による変化を観察し、脳の様々な位置への刺激を試行した結果、「素敵な本を読んだ後のような幸せを感じた」。刺激する場所に応じて、女性がポジティブになったり笑顔になったりなど変化が現れたという。

 こうした最適な電気刺激を自動で与えられる制御チップを女性に埋め込み、経過を観察したところ、仕事や車の運転も困難だった女性の症状が改善。薬物療法や心理療法による治療が中心だったうつ病だが、“脳のツボ”を直接刺激するかのような研究結果に期待が寄せられている。

 この「神経マッピング技術」について、遺伝子解析ベンチャービジネスを展開するジーンクエスト代表取締役社長の高橋祥子氏は「脳に電気で刺激を与えて疾患を治療していくアプローチは10年以上前から研究されている。うつ病の治療の効果については再現性がなかなか取れなかったのが、今回は患者の特性に合わせた治療法をカスタマイズ、パーソナライズすることで良い結果が得られたというところが非常に興味深い点だと思う」と話す。

 また、こうした技術の展望については、「今後は重度のうつ病だとか、パーキンソン病といった重い疾患の新たな治療法として期待できるのではないか。健康体の方が使うかどうかは、それなりのリスクもあると思うのでわからないが、安全性も確認されてくると日常になっていく可能性もある」と述べた。
(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

映像:TikTok「失神ゲーム」で伊の少女死亡 心理学者が懸念

あわせて読みたい

「うつ病」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  4. 4

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  5. 5

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  6. 6

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  7. 7

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  8. 8

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  9. 9

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  10. 10

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。