記事

バイデン大統領は民主主義を取り戻せるか

田原総一朗です。

ジョー・バイデン氏が、第46代のアメリカ大統領に就任した。
バイデン氏が勝利した、というよりはトランプ氏が自滅し、結果的にバイデン氏が、大統領になったということだろう。
バイデン氏の支持率は49%。
バラク・オバマ前々大統領が政権初期に記録した61%よりかなり低く、過半数に達していない。

それにしても、今回のバイデン対トランプの闘いは、南北戦争以来と言ってもいい、すさまじい分断選挙だった。
だからこそバイデン氏も、就任のスピーチで、「連帯」をくり返し訴え、「団結」や「結束」を意味する言葉を8回も使った。

いったい何がアメリカを「分断」したのか。政治思想で考えれば、当初民主党の有力候補とされたサンダース氏は完全な社会主義者であるが、バイデン氏は極端ではなく、いわば中道派だ。
トランプ氏も過激な発言はするものの、右派でもなく戦争は大嫌い。実際に4年間、戦争らしきものはしなかった。

では、アメリカの「分断」とは何なのか。
グローバリズムの世界になり、アメリカの製造業は、コストの安いメキシコやアジアに流出し、旧工業地帯は不景気に陥った。
一方、ウォールストリートでは、巨額の富を築く経営者も出現。
貧富の格差が広がった。

そんなとき現れたトランプは、歴代の大統領が誰も絶対口にしなかったことをためらうことなく発言した。
「世界のことはどうでもいい、アメリカさえよければいいのだ」
自国第一主義である。
そして、自分と意見の合わない人物は敵と決めつけ、ホワイトハウスのスタッフでも、一旦敵とみなせば、容赦なく切り捨てた。

民主主義とは、自分と意見の異なる人を認めることである。
理屈はすばらしいが、どうしても論争が長くなり、大事なことが決められないという欠点もある。
オバマ政治はその典型だった。
経済的にも技術的にもアメリカの脅威である中国に対しても、確たる対応ができなかった。
しかしトランプは中国も「敵」とみなし、新冷戦状態となった。

反対意見を、敵を切り捨て、どんどん決めるトランプ政治は、一定の国民には強く支持された。
しかし「反民主主義」に対する危惧、そして新型コロナウイルス禍への対応の失敗が、多くのアメリカ人の怒りを呼んだ。
そして、バイデン大統領が誕生したのである。

バイデン大統領は、アメリカ民主主義の復活を掲げる。
就任演説には、「民主主義」という言葉が、11回も登場した。

就任早々、パリ協定復帰、WHO脱退の撤回、マスク着用の義務化など、トランプ路線を覆す大統領令をどんどん発した。
これからバイデン大統領は、アメリカを「結束」させ、民主主義を取り戻すことができるのか。

懸念がなくはない。
なぜなら、民主主義とは、すなわち、トランプや支持者たちの意見もまた、認めることだからである。

あわせて読みたい

「ジョー・バイデン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  3. 3

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  6. 6

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  7. 7

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  8. 8

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  9. 9

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。