記事

久しぶりの近況報告 2012年11月29日

 内閣府副大臣に就任して早2か月が経とうとしている。衆議院が11月16日に解散されても内閣も政府も動いているため、私は毎日内閣府に出勤している。ま、当然といえば当然だが、時々国会が閉会になると私たち政務三役も暇になると誤解される方がいるが、そうではない。政府・行政は変わらず業務を進めている。さらに何か突発的なことが生じた時に政務が誰もいないというわけにはいかない。危機管理上、各府省の大臣、副大臣、大臣政務官の誰かが必ず東京にいなければならない。総選挙中であっても例外ではない。

 さて、内閣府の仕事を説明する時間がないまま2か月が経ってしまった。随分と長い間報告を怠っていたので、まとめてこの2か月分の報告をしたいところだが、あまりにも多すぎて断念。というわけで直近のことを少しだけ。

 一昨日の27日には「社会保障と税の一体改革の国民会議事務局」が設置され、岡田副総理とともにいわゆる“看板かけ”を行った。事務局の部屋の入口に木の看板を掛ける儀式だ。なお、明日の30日に開催される予定の第一回目の国民会議には私も出席する予定だ。

 本日29日は「規制・制度改革委員会」が開催された。規制・制度改革は、財政出動せずに(つまり、お金をかけずに)経済を活性化する、あるいは事業の効率化を進め生産性を高めるという面でたいへん重要な取り組みである。委員会の下のワーキング・グループにも何度か出席したが、とにかく「えっ」とびっくりするような時代遅れの規制や特定の業界団体だけの利益にしかならないような規制がはびこっている。地味な取り組みではあるが、このような規制・制度改革は民主党政権になってからぐっと進んだことも事実である。

 また、本日の夕方には「閣議等の議事録作成検討委員会」が開催される。岡田副総理と藤村官房長官が共同座長となり、私が事務局長を務める委員会だ。官邸の大会議室で開催される。実は政府の会議には議事録や議事概要を作成していない会議が2割近く存在している。たとえ公開期間に制限を付けたとしても、記録として議事録や議事概要は作成することが基本である。その検討を進めたことは画期的なことだ。地味ではあるが、これも民主党政権の成果である。

 今週の土曜(12月1日)には、北方領土返還要求行進に出席する。東京日比谷から京橋までの2㎞強をアピールのために行進する。外務省からは榛葉副大臣が出席し、内閣府の北方領土問題担当副大臣の私と一緒に激励のあいさつをする。約500名の元島民の皆さんや北方領土返還運動の関係者が参加する。温暖な静岡県生まれ、静岡県育ちの榛葉外務副大臣と私。寒い日にならなければ良いが・・・。

あわせて読みたい

「内閣府」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  4. 4

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  7. 7

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  8. 8

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。