記事
  • ロイター

ジョージア州選挙委員、トランプ氏の電話巡り刑事調査要請へ


[28日 ロイター] - トランプ前米大統領が、ジョージア州の大統領選挙を巡り同州高官に電話で圧力を掛けた問題で、同州選挙委員会で唯一の民主党員デビッド・ウォーリー氏が、クリス・カー州司法長官にトランプ氏への刑事調査を開始するよう促す動議を2月10日に提出する計画であることが分かった。

トランプ氏は今月2日、ジョージア州のラッフェンスパーガー州務長官との電話会談で、同州の選挙結果を覆すのに十分な票を「見つける」よう圧力を掛けた。

動議は、かねてトランプ氏の電話に関連して「法を執行」する方針を示していた同州フルトン郡のファニ・ウィリス司法長官にも刑事調査を促している。

ウィリス氏の報道官は、刑事調査の可能性についてコメントを差し控えた。ジョージア州司法長官室は、調査するかについてコメント差し控えたものの、選挙委員会は訴追に向けた違反を司法長官に報告する権限を持つと説明した。

法曹界からは、トランプ氏の電話は州刑法の選挙不正の共謀や選挙介入など少なくとも3つの規定に違反しているとの指摘が出ている。

ウォーリー氏はロイターに、2日の電話の内容に衝撃を受けたとし、監査と再集計を経て認定された投票結果を覆そうとする前代未聞の試みだと指摘した。

関係筋によると、フルトン郡のウィリス司法長官はトランプ氏による選挙介入問題で刑事調査に乗り出すことについて内々で協議したという。

調査は数カ月を要する可能性がある。その調査をもって大陪審が刑事罰に相当するか判断する。

法律の専門家は、ジョージア州検察は刑事調査を進めるのに十分な根拠を持つと指摘する。

ジョージア州の選挙委員会は5人で構成。ウォーリー氏が動議を成立させるためには少なくとも共和党の委員2人の支持を得る必要がある。

選挙委員会の調査要請に法的拘束力はないが、検察に一定の影響力を持つ。委員会の共和党メンバー、マシュー・マッシュバーン氏はロイターに、動議を巡る自身の立場については「時期尚早」として明言を避けたものの、選挙委員会からの申し立ての調査を州や郡の司法長官が拒否した事例はこれまで見たことないと話した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  2. 2

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  3. 3

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  4. 4

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  5. 5

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  6. 6

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  7. 7

    世界コロナ感染者7週ぶり増加、年内の終息「非現実的」=WHO

    ロイター

    03月02日 03:20

  8. 8

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

  9. 9

    東京五輪を"ボイコット"する日本国民がこうむる「どえらい逸失利益」

    PRESIDENT Online

    03月02日 12:04

  10. 10

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。