記事

「高収入、正社員、家庭円満…」育児ドラマに超特大ファンタジーが必要な日本のつらみ

1/2

2016年に放送されたテレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)』(TBS系)は、「それは、好きの搾取です!」というセリフで話題を集めた。1月2日、その続編が放送されたが、そこでの「(育児を)サポートって何?」というセリフが議論を呼んでいる。家族社会学者の永田夏来さんは「2つのセリフは前提条件がまったく異なる」と指摘する――。

TBS「火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』」より

TBS「火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』」より

「超特大ファンタジー」に1万6000超の「いいね」


私ごとで恐縮ですが、これは1月2日(土)に放送されたTBS系列のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類! 新春スペシャル‼』を見終わった直後の私のツイートです。家族社会学者として若者の妊娠出産を調査分析し続けている身としては、それほどたいしたことを言っているとは思っていなかったのですが、これがなんと1万6000もの「いいね」をいただいてしまいました。いわゆるバズったという状況です。

いったいなぜ、このツイートがバズったのか。これを考えることを通じて、『逃げ恥』というドラマが置かれている状況、もっといえば今回『逃げ恥』のテーマとなった妊娠出産が置かれている社会の状況について、今回考えてみようと思います。

妊娠出産は「強すぎて多すぎる敵」に囲まれている

『逃げるは恥だが役に立つ』は、月刊マンガ誌「Kiss(キス)」(講談社)で連載した海野つなみさんの同名マンガが原作で、2016年にテレビドラマ化されました。「職なし」「彼氏なし」「居場所なし」の主人公・森山みくりが、「恋愛経験なし」のサラリーマン・津崎平匡と契約結婚することから始まる物語です。2人を新垣結衣さんと星野源さんが演じ、少しずつ本当の恋愛関係に発展していく「むずキュン」と呼ばれる展開に加え、登場人物のセリフが身近な社会問題について鋭く指摘していることから、大人気となりました。

本作においても、これまでと同じように、妊娠出産に関するリアルな現状や日本社会の理不尽さがグイグイと描かれていきます。職場での「妊娠順番」ルール、マタニティーハラスメント、無痛分娩、つわりの苦しさ、選択的夫婦別姓、育児休業の取得、妊娠出産に対する男性の主体性、職場の上司による「劣化」発言とルッキズム、LGBTQなどなど。いずれも大きくて深刻な、それでいて多くの人の身に覚えがあるもので、よくぞこれらの問題に立ち入ったなと拍手したくなるものばかりです。

しかし、それを物語として成り立たせるため、そしてエンターテインメントとして楽しめるようにするため、若干無理をしたのかもしれません。いうなれば、ちょっと「敵」が強すぎ、そして多すぎました。

もちろん、「強すぎて多すぎる敵に囲まれている」という状況は、妊娠出産が持つ社会的課題そのものです。だからこそ、その「敵」をやっつけるためには、主人公に強大な力を授けるしかなくなるのでしょう。それが冒頭のツイートで説明した「金持ってる+正規雇用+仲間に恵まれている+家族が頼りになる+パートナーと話が通じる」という「超特大ファンタジー」です。

「サポートって何?」と言える時点で「勝ち組」だ

前回のテレビシリーズでは、みくりによる「それは、好きの搾取です!」というセリフが大変話題になりました。仕事を失った平匡のプロポーズに対して「結婚すれば給料を払わずに私をただで使えるから合理的……そういうことですよね?」と喝破したこのシーンは、性別役割分業が持つ問題の本質をきっぱりと示しました。「名もなき家事」が話題になっている昨今、このセリフはぐっとくる人が多かったと思います。

夫婦の役割分担について、今回も似たような状況が描かれています。その一つが「子どもが生まれるにあたって、僕は全力でみくりさんをサポートします」という平匡のセリフです。みくりはこれに対し「違う! サポートって何?」と強烈に反論します。

夫婦で一緒に子どもを産み育てていくのではなく、あくまで母親が産み育てて、父親であるあなたはサポートするだけなんですか? という平匡が持っている前提そのものを問い直したものでした。

日没時に新生児と散歩する父親

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/SanyaSM

ただ、「好きの搾取です」と「サポートって何?」には違いがあります。それは「好きの搾取です」は老若男女を問わずあらゆる人に敷衍(ふえん)できる「多数派」の課題であるのに対し、妊娠出産における「サポートって何?」という夫への告発は他への敷衍が難しいという点です。

経済的不安から結婚に踏み切れない人、結婚したとしても子どもを持てない人、妊娠出産にはその前段階にさまざまなバリエーションがあります。そして、仮に夫が「サポートしたい」と思ったとしても、経済的基盤や労働時間の関係からそれができないケースがそもそも圧倒的に多いのです。「サポートって何?」と夫に問い直せる状況は「勝ち組」の証しともいえます。

「自助」でしか妊娠出産を乗り越えられない日本

これこそが、私が違和感を覚えた「ファンタジー」の一端です。登場人物が恵まれているからこそ、さらに強い「敵」と闘うことが可能となる。しかも今回の『逃げ恥』では、自分たちの頑張り、すなわち「自助」を通じて「敵」を倒し、問題が解決していくのです。

他にも似たシーンがたくさんあります。夫が産休をとった時に外注先としてプロジェクトに関わっている元同僚が「産休とるの当たり前ですよね」と率先して言ってくれるという場面、つわりがひどくて家事が滞り夫婦仲が壊滅寸前な時に家政婦さんを頼めるほど金銭的に恵まれている場面(そういえば『逃げ恥』って家事外注の話だったなあと思いますが)、ファンタジーだと言われればそれまでですが、都心で働くサラリーマン世帯としては「まずありえない」でしょう。

現在の日本において、妊娠出産について社会的・体験的に説得力がある問題点をテレビドラマとして提示した上でそれを「ほっこり」した話にしようとすると、結局「自助」にしかならないのかもしれません。いわゆる「自助」「共助」「公助」のなかでも、妊娠出産はその多くが「自助」であるというのが現状です。そして私は、ドラマに問題があるというよりもむしろ、その現状自体が問題だと思っています。

あわせて読みたい

「育児」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で増える離婚予備軍 ステイホームを破局回避のチャンスに変えよう

    土屋礼央

    03月04日 08:03

  2. 2

    AI翻訳のロゼッタ、全社員に「英語禁止令」発令「英語は本業の能力とは何の関係もない」

    Ledge.ai

    03月03日 17:31

  3. 3

    緊急事態宣言 延長の方向で検討する政府の判断に「残念」

    青山まさゆき

    03月03日 21:21

  4. 4

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  5. 5

    中国が特許件数2年連続で首位 いまや技術の「質」も苦しい立場の日本

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    03月04日 08:36

  6. 6

    「尖閣の主権は日本」直後に訂正、米報道官の発言、計算づくか

    WEDGE Infinity

    03月03日 12:50

  7. 7

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  8. 8

    「この売女!」福原愛を離婚決意に追い込んだ「モラハラ夫」 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:10

  9. 9

    「私自身が判断したい」という総理発言は何故素直に受け入れられないのか

    近藤駿介

    03月04日 13:30

  10. 10

    毒蝮三太夫84歳「ワクチン打つ」それがコロナ時代を生きる俺の『飲む打つ買う』だ

    毒蝮三太夫

    03月04日 08:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。