記事

キンコン西野さんはどんな両親に育てられたの? 『映画 えんとつ町のプペル』大ヒット! 「子どもの自立に必要なことって?」

1/2

『映画 えんとつ町のプペル』が大ヒット上映中。原作・製作総指揮・脚本を手がけるお笑いコンビ「キングコング」西野亮廣さんに、どんな子ども時代だったのか、そして子どもの自立を見守る親に必要なことをお聞きしました。

この記事のポイント

  • いろんなものを見た子ども時代
  • 「世界を獲ろう」はひとりじゃ無理
  • 全力で助ける準備をして送り出す

『映画 えんとつ町のプぺル』が面白いと評判です。原作・製作総指揮・脚本を手がけた「キングコング」西野亮廣さんは、公開直後から「ドブ板営業」として全国行脚の日々を送る努力の人でもあります。いっときは日本中からそっぽをむかれながらも「ディズニーを超える」「エンタメで世界を獲る」と宣言して独自の道を切り拓き、今では着実に夢へと近づいている感のある西野さん。

これからの子どもたちに必要な力をお聞きした前半に続き、後半では子ども時代のご両親とのエピソードや、大きな夢を持つ子どもを送り出す親にとって必要なことについてお聞きしました。

いろんなものを見た子ども時代

──独学で絵本作家となり、オンラインサロンなどビジネス面でも新しい手法をいち早く採り入れる西野さんは、どんな子ども時代を過ごしていたのでしょう。

西野 そんなに裕福な家じゃないんですけど、子どもの頃のことを聞いてみたら、母ちゃんは「色んなところに連れていった」って言ってました。電車に乗って遠くに行くとかじゃないのですが、近所の公園とか山とか、とにかく色んなものを見せてもらったみたいです。

ザリガニ釣りとかセミ獲りとか、走ってくる電車をただ見るとか。エンタメは結構たくさんありました。それに対して制限をかけられたことはなくて、「あれ見たい」って言ったらすぐ連れて行ってくれました。あんまり子どもの頃の記憶はないんですけど、その辺はなんとなく覚えてます。あと、褒められました。絵うまいねとか。工作うまいねとか。

──『映画 えんとつ町のプペル』では、ローラ(主人公ルビッチの母親)が心配しながらも、息子を信じて送り出す姿が印象的でした。西野さんのご両親はどうでしたか?

西野 うちもそうでした。あんまりガミガミ言われなかったですね。ひとつ、すごくよく覚えてるエピソードがあるんですけど…

家の前に軽石で落書きして、アスファルトにウンチとかいっぱい書いてたら、近所の人が怒鳴り込んできたことがあったんです。公道だったので、「そんなことしちゃダメだろ」って。それで、玄関で父ちゃんと母ちゃんが謝ってくれて、謝り終わって、あとで自分も怒られるのかなと思ったら全然怒られなくて。父ちゃんが翌日、コピー用紙を大量に持ってきて「お前そんなに何か描きたいんだったらこっちに描けよ」って渡してくれて、好きなだけ描かせてくれたんです。

「描きたい」ってことに対してブレーキはかけずに、「やり方をちょっとだけ変えさせる」っていう舵取りというか、そういうエネルギーの流し方をしてくれましたね。

「世界を獲ろう」はひとりじゃ無理

──ブレーキをかけられなかったのですね。『えんとつ町のプペル』のルビッチの夢には、町のルールが立ちふさがります。今、困難に負けずに柔軟に対応していく「レジリエンス力」や「やり抜く力」が注目されています。

西野さんはコロナ禍での映画公開でも次々に打ち手を出されていて、まさに「レジリエンス力」や「やり抜く力」をお持ちだと思います。どうやって身につけることができたのでしょう?

西野 どうなんだろう。生まれ持ったものじゃないのは確かで、先天的なものではないですね。やっぱり、一人じゃないっていう、みんなを背負ってるっていうことが大きいかもしれないです。逆境のとき、例えば映画公開のタイミングでコロナが来たときに、自分が白旗をあげちゃうと、食いっぱぐれてしまうスタッフさんが何百人もいるので。

ご家族を持たれてる方には釈迦に説法ですが、やっぱり背負ったほうが強くなりますよね。面倒も多いと思いますが、粘りも生まれますね。

──周りの人の存在や責任が西野さんを強くしているのですね。西野さんは大勢の人を巻き込んで活動されていますが「人と一緒にやった方がいろんなことができる」みたいなことに気づいたきっかけはなんですか?

西野 シンプルに、「世界を獲ろう」って考えたときに一人では無理だからですね。時間や物量の勝負というか…、例えばディズニーは24時間のうちに世界中でものすごい量のエンタメを生み出してますよね。一方で、僕が24時間まるまる使ったところで「一人が24時間で作れる何か」しか作れない。それを1000人とか1万人とかでやるとその分のなにかしらエンタメが生まれるわけで。つまり僕が今こうやって取材を受けてる間、「別のスタッフが何かを生み出している」という状態を作っておかないと、世界は獲れない。

でも、僕はそうだったっていうだけで、それぞれの人が目指すゴールによるかもしれません。例えば「田舎の山奥で蕎麦屋をやりたいんです」っていう人は別に人を大勢巻き込まなきゃいけないこともないでしょうし。僕の場合は、一人だけでは絶対に辿り着けない目標だったということですね。

──クラウドファンディングや、スタッフを入れての絵本製作も話題になりました。西野さんの場合は、人と協力することにブレがない印象です。

西野 最初は、一人のほうが楽なんですよ。いちいち指示出してやってもらうより、自分の方が上手かったり、自分が描いたほうが早かったりするので。だけど全部自分でやっちゃうといつまでたっても後続が育たないので、どこかで折り合いつけましたね。それこそ『えんとつ町のプペル』かもしれないです。絵本『えんとつ町のプペル』を作る時に初めて絵本を分業制にしたので。

あわせて読みたい

「西野亮廣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  2. 2

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  3. 3

    中国が台湾産パイナップルを輸入禁止に 自民・城内氏「買って台湾を応援しましょう」

    城内実

    03月04日 16:49

  4. 4

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  5. 5

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  6. 6

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  7. 7

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  8. 8

    小室圭さんの釈明会見はあるのか 問題は「眞子さまが出席なさるか」

    NEWSポストセブン

    03月05日 09:11

  9. 9

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  10. 10

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。