記事

ウイルスと人間の戦い 必ず勝てると信じてみんなで協力を 今までの日本の医療が今後も普通のものであり続けるために

こんなツイートをしました。


そう単純に表すとコロナに感染するかどうかはコロナの感染力と人間の防御力の比較で決まります。

1 コロナウイルスの感染力
 1)ウイルス自身の力 株の違い 人への感染効率
 2)感染形式 飛沫 接触 空気(特殊条件下(3密))
 3)感染後の特徴(無症候性伝播、IFNの抑制等)
 4)環境要因
 5)その他

2 人間の防御力
 1)いわゆる免疫 年齢 遺伝子 自然免疫 獲得免疫
 2)マスク 手洗い といった接触感染予防
 3)3密回避という空気感染予防
 4)社会的インフラ等による感染予防
 5)その他

この合算の比較で1が勝てば感染、2が勝てば感染しないというとても単純なことがウイルスとの戦いの原理です。

今回第3波が起きたのは冬というウイルスの生存に適した環境の変化のため、宴会が多くなるという感染効率の増強のため、寒くなり乾燥することでの粘膜局所の個々の免疫の低下とかが絡み合って、春、夏、秋までの人間の防御力をウイルスの感染力が大きく上回ったためです。

そして緊急事態宣言。社会的な防御力を高まったことで個人の感染者が少なくなっているのが今の状況です。

今後暖かくなったら、そしてワクチンがうたれたら、どんどん防御力が上がっていきます。イスラエルのワクチン報道を考えると期待しかありません。(ただロックダウンの状況とか細かな部分の解析は必要ですが)

それでもワクチンもまたみずものです。コロナが出たばかりの時と同じようなもので恐れすぎても期待しすぎてもいけません。ワクチンの重症化予防、発症予防はほぼ間違いないですが、完全に感染予防の証明はそれこそあと一年ぐらいかかるでしょう。だからこそですが、ワクチンをうってもまだ宴会でのどんちゃんOKとはなりません。マスク、手洗い、3密予防はしばらく続きます。

あのコロナ専門でやっていた病院の院長が感染を告白されました。このように日本の中でしっかり対策していた専門家ですら院内感染するコロナウイルス。これからもみんなが協力していかなければいけないのです。

昨日のクローズアップ現代で、ANAの健保連を例にして経済がダメだと医療も崩壊というテーマで番組が放送されていました。今までの日本の医療が今後も普通のものであり続けるために、医療崩壊を防ぐために国民全体の協力が必要なんです。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  4. 4

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  5. 5

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  6. 6

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  7. 7

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  8. 8

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  9. 9

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  10. 10

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。