記事

コロナを「怖がる人」は「全く怖がらない人」にどう対処しているか

自分と考え方が異なる人々と、どう接していけばいいのだろうか?(イメージ)

 一丸となってコロナと戦っていたはずが、いつの間にか人と人とがいがみ合っている。コロナを「とても怖がる人」と「全く怖がらない人」の対立は、それほど深刻である。さらに多くの中間派からすると、そのどちらもが“ちょっと付き合いに困る”というのが本音だろう。いったい彼らとどう折り合いをつければいいのか。そのヒントを探った。

【写真】「ナハナハ」のポーズを決める、北欧柄のネクタイを付けたせんだみつお氏

「怖がる派」と「怖がらない派」の分断が止まらない。その象徴がマスクである。公共の場で“ノーマスク”を貫く人たちがたびたび問題になる一方、反対に「不織布マスク以外のマスクをしていると注意する」という“不織布マスク警察”も現われ、双方ともより過激になっている。

 現実に職場、友人同士、家庭などで、「なぜこんなに無頓着なのか」、あるいは「なぜここまで過剰に反応するのか」と戸惑ったことは誰しもあるはず。

 感染症対策に気をつけている人からすると、無頓着な人とは関係を閉ざしてしまえば楽だが、現実にはそうもいかない。「夫婦は気をつけているが、息子は毎晩飲み歩いている」(50代、金融業)と、家族でも意識の差があるのは珍しくなく、全く怖がらない人とも関係を持たなければならない。逆もまたしかりである。「仕事で出かけているだけなのに、妻から『むやみに外出しないで』と叱られる」(40代、製造業)という人もいる。

 自分と考え方が異なる人々と、どう接していけばいいのだろう。

 メディアで慎重な行動をするようにと注意を呼びかけている「怖がる派」の識者たちは、実生活で対立派に出会ったとき、どう折り合いを付けているのか、聞いてみた。

角の立たない伝え方

 経済ジャーナリストの町田徹氏は、「『勝負の3週間』は明らかに敗北した…後手後手すぎる菅総理の『コロナ対策』」(現代ビジネス)といった記事を執筆、政府のコロナ対応について警鐘を鳴らしてきた。町田氏には、「怖がらない人」に接したときのルールがあるという。

「日常から妻と別のテーブルで食事をするくらい気をつけていますし、私生活や仕事でも、その部屋に何人滞在できるかということには気をつけています。なかでも“3密”になりがちな喫煙室は人数制限が課されていますが、超過することを気にしないで入って来る人もいる。そういう場合には、ニコッと笑いかけて『人数制限がありますよ』と伝えたりしています。キツイ言い方にならないように注意しています」

 ウイルスという目に見えない恐怖を恐れるあまり感情的になりがちだが、礼節を守って伝えるべきとのことだ。

 昨年3月にフジ『グッディ!』での「熱が出るまで自粛しない」発言が大炎上して謝罪に追い込まれたタレントのせんだみつお氏。だが、友人の罹患で、一転して警戒するようになったという。

「芸人の松村邦洋君もコロナにかかって、医師から『もう少し来るのが遅かったら危なかった』と言われたそうです。周囲にかかった人が出て、初めて怖さがわかるんです。

 私の周りにも『室内だけど、私もあなたも症状が出ていないから、マスクは不要』と主張する人がいます。それでも部屋に入るときに触ったドアノブにウイルスが付着していたかもしれない。『いま、マスクはエチケットだからしましょうよ』と言います。手洗い、うがいをしない人にも同様です。ただ、露骨に言うと角が立つので、『しましょうよ』という言い方をします」

 やはりここでも大切なのは伝え方のようだ。

外見や噂で決めつけない

 国民に「5人以上の会食はするな」と言いながら、菅義偉首相自身がその禁を破っていたことが問題になったが、一般企業でも「上司が“通常運転”でいまでも飲みに誘ってくる」(40代、不動産業)と、悩みが聞こえてくる。

 全面的な会食禁止を訴えている政治評論家の有馬晴海氏は、集まりを避けるための断わり方をこう伝授する。

「政界やメディアの危機意識は低く、テレビ番組で“会食は禁止すべきだ”と発言したところ、出演者から『有馬さんは、ビビりだから』なんて言われたことがあります。

 4人以下の会食なら大丈夫みたいな流れができていますが、私は誘われても『ウイルスは人数で判断しません』と答えています。ただし、その場合には『コロナが落ち着いたら行きましょう』と言い添えることを忘れません。そうすれば角は立たないと思います」

 ただし、注意したいのが、過度に不安に駆られないことだという。評論家の小沢遼子氏は、1日10回以上の手洗いを始め、徹底的な自粛生活を送っているが、ある騒動で意識を改めたという。

「私の近所で『海外帰りだ』『咳き込んでいたのを見た』と、ある人の噂話をして露骨に避けていたんです。それで、直接聞いてみたら、咳き込んでいたのは飴が喉につまったからで、海外帰りは事実だけど帰国後は2週間自宅隔離して、陰性だった。外見や噂で決めつけたりするのは慎むべきです。コロナ対応病院の看護師のお子さんが保育園などで受け入れ拒否されたりしましたが、あってはならないことです」

※週刊ポスト2021年2月5日号

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

  2. 2

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  3. 3

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  4. 4

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  5. 5

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  6. 6

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  7. 7

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  8. 8

    T・ウッズ交通事故「7つの謎」が解明される日 - 舩越園子

    新潮社フォーサイト

    03月06日 13:17

  9. 9

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  10. 10

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。