記事

国民に刑罰を科すのに、この杜撰な議論は何だ!

新型インフルエンザ特措法、感染症法の改正について、我が党と自民党との間で、政府案の修正についての議論を行ってきました。

私たちの方からは、感染者が入院措置に応じない場合、積極的疫学調査に応じない場合について、刑事罰をかけるという政府案については、それが絶対に必要だという具体的な事例を政府側が説明できず、そのような中で刑罰までかけるのは行き過ぎであるということを主張してきました。

それに対して、与党側から今日、刑事罰を全面的に撤回するという回答があり、私たちとしてもこれを了としました。

この議論の中で明らかになったのは、政府の中での極めて杜撰な議論のあり方。

法改正案を作る段階で開かれた専門家の会合、厚生科学審議会感染症部会(1月15日)においては、18人の委員が出席し、そのうちなんと、11名が罰則について反対もしくは慎重な考え方を示していたのです。

それにもかかわらず、座長役の脇田委員は、「おおむね賛成」と無理矢理取りまとめていました。

この一連の経緯が、昨晩、私たちが突き止めた議事録で明らかになったのです。

国民に刑罰を科すという、極めて重い法改正を提案するのに、このような強引かつ不透明な進め方は異常です。

法改正自体は、今回の与野党合意を受けて、一定の進展があるでしょう。しかし、この政府の態度自体は改めて検証し、再発しないような厳しい議論が必要です。



あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  4. 4

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  5. 5

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  6. 6

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  7. 7

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  8. 8

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

  9. 9

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  10. 10

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。