記事

森七菜の移籍騒動は「ステージママVS.女性マネジャー」の顛末だった!?

BLOGOS編集部

俳優やタレントの独立、移籍が目立つ昨今の芸能界だが、そのほとんどは前事務所との「円満」をアピールしてきた。そんな中、芸能界をザワつかせているのが先頃、大手芸能事務所のソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)とエージェント業務提携を結んだ女優・森七菜だ。

森が過去の俳優やタレントと違うのは、SMAとの業務提携までの流れである。

森は、中学3年生だった夏休み(2016年)に地元・大分で前事務所「アーブル」の女性マネジャーにスカウトされ芸能界入りした。上京後、映画の行定勲監督のWeb広告などから仕事を始めたが、2019年に公開された新海誠監督のアニメ映画「天気の子」でヒロイン(声優)に抜擢されたことで一気にブレイクした。

昨年はNHK連続テレビ小説「エール」ヒロイン・二階堂ふみの妹役で出演。さらに、松たか子と広瀬すずが主演した岩井俊二監督の映画「ラストレター」では主題歌「カエルノウタ」を歌い、ソニー・ミュージックレーベルズから歌手デビュー。その後は大塚製薬「オロナミンC」のCMに出演し、CM内ではホフディランのヒット曲「スマイル」をカバーし配信リリースするなど、女優のみならず歌手としても活動を広げ、芸能界で注目される存在となっていた。

事務所ホームページから突然消えて騒動に

ところが今年1月14日、前事務所「アーブル」の所属タレント欄からプロフィールが消え、さらに100万を超えるフォロワーがいたインスタグラムの公式アカウントも削除されたされたことから「何があったのか」と大きな話題になった。

芸能関係者は言う。

「調べていくと、どうも昨年12月に弁護士を伴って前事務所に所属契約の解約を申し入れたようです。ただ、契約は残っていたと言います。本来は契約終了の3ヶ月前に解除を申し入れたりするのが常識なのですが、森は突然解除を申し入れたようですので、異例と言うか、本来あり得ない行動です。

しかも、それからわずか1ヶ月程度で独立し、SMAとエージェント業務提携。その上前事務所からは大きな異論の声が聞こえてこない。ある意味で前代未聞の出来事です」

としながらも、その一方で、

「独立、移籍に向けて大きな力が働いたことは間違いありません。実際、森を巡っては水面下で争奪戦が繰り広げられていたと言います。前事務所は弱小プロダクションで、日本音楽事業者協会などの大手芸能団体にも所属していませんからね、正直言って攻められたら太刀打ちできないでしょう。

公正取引委員会はタレント擁護の方向ですし、芸能プロも弱肉強食が明確になってきたということでしょう」

森は、今回の騒動に対してエージェント業務提携したSMAを通して、

「この度は、ファンの皆様、関係者の皆様にご心配をおかけしまして申し訳ありません。感謝の気持ちを忘れず、皆様に笑顔を届けられるよう努力してまいりますので、引き続き応援していただければ幸いです」

とサラッとしたコメントを出したが、ファンの反応は冷ややかで、

「前の事務所にも感謝すべきだ」
「ずる賢い」
「イメージが悪くなった」


などの声が上がっていた。

「当初はSMAへ移籍することで動いていた可能性はあります。ただ、ファンの反応が想像以上に悪かったことから、一旦、エージェント業務で提携を結び、お茶を濁したのかも知れません。

最終的には母親が代表となって個人事務所を設立していると思います。表向きはエージェント業務提携としているだけで、実質的には所属と同じ扱いでしょうけどね」(前出の芸能関係者)

ステージママと女性マネジャーに確執か

それにしても、前事務所との契約をここまで強引に解除したかった理由は何だったのか? ある大手のプロダクション関係者が推測する。

「移籍の首謀者として森の母親の存在が挙げられています。常に現場に顔を出す“ステージママ”だとか、(弱小プロで)ギャラが安かったとか、さまざまな情報が乱れ飛んでいました。確かに、母親の存在は大きかったと思いますが、弁護士まで入れて前事務所に解除を申し出たのは、おそらく森をスカウトしたという女性マネジャーとの関係性だった可能性があります。噂では仕事以外にも、森のプライベートまで管理していたと言いますからね。

かつては事務所やマネジャーがプライベートも含め徹底的に管理していたケースもありましたが、もう、そういう時代ではありませんし、タレントの意識も変化しています。

事実、ここ最近でも担当マネジャーから離れたいがために引退してしまった女優もいました。

タレントの私生活においてトラブルや不祥事も増えてきていることも事実ですが、森の場合、これまでネガティブな情報が全く出てこなかったのは良くも悪くも女性マネジャーの存在が大きかったのだと思います。

いずれにしても、独立や移籍の際には、担当していたマネジャーもセットで動くケースが多いのですが、今回はそう言ったことではないですからね」

トラブルが起こるたびに、その要因として“ステージママ”の存在が挙げられるケースは森に限ったことではない。故・美空ひばりさんなどは有名で、その後も安達祐実や宮沢りえなどの母親はマスコミにも多く取り上げられてきた。

もっとも“ステージママ”が悪いわけではない。常識と、しっかりとした見識を持ち合わせているかどうかに尽きる。レコード会社の元プロモーターが言う。

「松田聖子のお母さんも、聖子が個人事務所を設立した時に代表になりましたが現場に口を出すことはなかったと言います。一方、中森明菜のお母さんは、明菜に対しては厳しかった反面、たびたびレコード会社には顔を出していたそうです。

しかし、デビューして半年が過ぎ、明菜が売れてきた時にレコード会社の移籍問題が勃発したことがあったんです。実際、デビュー当時から明菜を担当してきた制作、宣伝、営業スタッフのほとんどが転職する形で新レコード会社『マイカルハミングバード』が設立されました。

もちろんこれは明菜のためのレコード会社でした。ところが、結果的に移籍が幻になったのはお母さんの意見が大きかったと言います。お世話になってきたレコード会社を裏切れないという気持ちがあったのでしょうね。その後、ハミングバードからは浅香唯や中村あゆみといったアーティストが生まれましたが、その時に移籍しなかったことが明菜の更なる飛躍に結びついたと言われています」

物事の全ては結果次第ということだが、今回の森のSMAとのエージェント業務提携は、果たして「吉」と出るか、それとも「凶」と出るのか。一部には、今回の騒動は2月19日から公開されるSixTONESの松村北斗と共演する映画「ライアー×ライアー」(耶雲哉治監督)のプロモーションに合わせたなどと言う声もあるのだが…。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  2. 2

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  3. 3

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

  4. 4

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  5. 5

    「無料です」夜のお弁当屋さん 1日1食で命をつなぐ人々

    田中龍作

    03月07日 17:46

  6. 6

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  7. 7

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  8. 8

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

  9. 9

    在宅生活で健康体を保つ上で重要な三つのこと

    ktdisk

    03月07日 22:13

  10. 10

    みずほ銀行のATMがまたトラブル 1週間のうちに利用客に影響を与える障害が3回

    ABEMA TIMES

    03月07日 21:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。