記事
  • ロイター

米ゲームストップと銘柄コード類似の豪企業、株価が急上昇


[シンガポール 28日 ロイター] - シドニー株式市場で28日、ニッケルやコバルトの探査事業を行う小規模企業、GMEリソーセスの株価が一時53%上昇した。米国市場で株価が急騰したゲームストップとティッカーシンボル(銘柄コード)が似ていることが背景にあるとみられる。

GMEリソーセスは13%高の0.085豪ドル取引を終了。一時、0.115豪ドル(0.0878米ドル)まで上げた。前日も14%上昇していた。

IGマーケッツ(メルボルン)のアナリスト、カイル・ロッダ氏は「(ゲームストップと)ティッカーシンボルが似ているというだけの理由でGMEリソーセスを買っている投資家がいるようだ」と分析した。

SNS(交流サイト)「レディット」のチャットルームで、個人投資家がゲームストップ株の購入を促す呼び掛けが広がり、株価が急騰したことに関連しており、GMEリソーセス自体とはまったく無関係だと指摘した。

ゲームストップの株価はSNS上の呼び掛けで個人投資家が一斉に買いに動いたため、1月12日以降、17倍近くに跳ね上がった。同社株を空売りしていたファンド勢はポジション解消を迫られ、多額の損失に見舞われた。

GMEリソーセスの広報担当者からのコメントは得られていない。

一方、同社のマネジングディレクター、ピーター・サリバン氏は、シドニー・モーニング・ヘラルド紙の取材に対して「アプリで株価をみたら0.094豪ドルになっていて驚いた。急に値上がりしたので、自分の会社にいったい何が起きているんだろうと思った」と語った。

その後、ティッカーシンボル「GME」が関係していることが分かったという。「本当は、自分の会社が行っている世界レベルのニッケルプロジェクトが株価で評価されていると言えれば良かったのだが」と付け加えた。

あわせて読みたい

「株価」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    過去のことでも…芸能界を震撼させたマリエの「実名枕営業告白」

    渡邉裕二

    04月22日 08:06

  2. 2

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  3. 3

    キャンプ場にも出没か 「教え魔」が後を絶たないワケ

    御田寺圭

    04月22日 11:10

  4. 4

    与野党ともにしれっと通したい「国家公務員定年延長法案」、山積する問題点を見逃すな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月22日 09:37

  5. 5

    原告側の敗訴となった慰安婦訴訟 日韓関係に変化をもたらすか

    ヒロ

    04月22日 10:37

  6. 6

    無症状者のPCR検査を止めれば「緊急事態宣言」は無用

    自由人

    04月22日 08:53

  7. 7

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  8. 8

    厚労省がファイザーワクチン接種後の感染率を初めて開示

    青山まさゆき

    04月22日 12:19

  9. 9

    米感染症専門家「コロナは空気感染する」 打つ手なしの日本

    田中龍作

    04月22日 14:52

  10. 10

    パチンコ人口が1年で200万人減って813万人に! 禁煙化、コロナと厳しい状況続く

    キャリコネニュース

    04月22日 10:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。