記事

「緊急告発」大学入学共通テストがニセ科学を前提としていいのか

1/2

1月16日、17日に行われた「大学入学共通テスト」の英語の出題文で、科学的には誤った記述が複数みつかった。科学ジャーナリストの松永和紀氏は「甘味料を危険視する典型的なニセ科学を前提としている。科学リテラシーのある受験生ほど迷うはずだ」と指摘する。大学入試センターの見解とは——。

大学入学共通テストの英語科目リーディングで、科学リテラシーに欠ける甘味料批判が出題された
大学入学共通テストの英語科目リーディングで、科学リテラシーに欠ける甘味料批判が出題された

甘味料批判を繰り広げた“教科書の一節”

1月16日、17日に行われた「大学入学共通テスト」の英語の出題文が、食品業界でたいへんなブーイングを浴びています。甘味料に関して、バイアスに満ちた“危ないから気をつけろ”論が出題された、というのです。

「栄養に関する教科書の一節」として出題されたのですが、日本はもとより世界各国の政府機関等の見解、実行されている規制をまったく無視したものです。英語として正しければ、内容が非科学的、扇情的、実態と異なるものであってもよいのでしょうか? 科学リテラシーの観点から解説します。

食品業界から異議が出ているのは、英語リーディング問6のB。あなたは健康クラスで栄養学を学んでいて、「教科書の一節」を読み、さまざまな甘味料について学ぶ、という設定。100点満点中の12点がこの出題に充てられています。

教科書の一節

砂糖の摂りすぎが肥満や健康問題につながり得るとして多くの人が、低カロリー甘味料を選んでいる、と説明。人工的なものと自然のものがあることなどに言及した後、甘味料を選ぶときには健康問題を熟考するのが重要だという話題が提起されます。

問題となった英文には何が書かれていたか

とくに問題となる部分と私なりの訳を示しておきます。

発がん性、記憶や脳の発達への影響など記述

some research links consuming artificial LCSs with various other health concerns.

(低カロリー甘味料=LCSsの摂取とさまざまな健康への懸念を結びつける調査研究がある)※

※otherを使っているのは前段で、砂糖による体重増の問題を挙げているため、それ以外の、という意味合いでotherとなっている

Some LCSs contain strong chemicals suspected of causing cancer, while others have been shown to affect memory and brain development, so they can be dangerous, especially for young children, pregnant women, and the elderly.

(がんの原因となると疑われる強い化学物質を含むLCSsがある。記憶力や脳の発達に影響することが示されたものもある。それらはとりわけ、子どもや妊娠中の女性、高齢者に危険な可能性がある)

最後は、次のような文章で結ばれています。

Many varieties of gum and candy today contain one or more artificial sweeteners; nonetheless, some people who would not put artificial sweeteners in hot drinks may still buy such items. Individuals need to weigh the options and then choose the sweeteners that best suit their needs and circumstances.

(たくさんの種類のグミやキャンディーが一つ以上の人工的な甘味料を含んでいる。にもかかわらず、人工的な甘味料をホットドリンクには入れない、という人たちが、それらを依然として購入することになるかもしれない。個々人が念入りに検討し、必要性と状況に適した甘味料を選ぶ必要がある)

世界中の公的機関が「適切に使えば安全」としているのに……

出題文では、人工的な低カロリー甘味料としてアスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK、アドバンテームが挙げられています。たしかに、たとえばアスパルテームについては発がん性や妊娠、発達などへの悪影響が問題になったことはあります。イタリアのRamazzini Instituteなどが2000年代に発表しました。世界中で用いられている甘味料だったので、これが本当であれば重大問題です。そのため、研究者や各国の機関がこぞって調べました。

その結果、Ramazzini Instituteの研究の不備が批判され、EUの食の安全を守る要の組織、欧州食品安全機関(EFSA)やアメリカの食品医薬品庁(FDA)、カナダやオーストラリアなど同様の公的組織すべてが改めて、「適切に使えば問題ない」という結論に至っています。

日本では、厚生省が1983年、安全性を評価したうえで添加物として指定し使用を認めています。

欧州食品安全機関(EFSA)のアスパルテームを説明するウェブページ。30年以上にわたってさまざまな研究が行われ安全だとみなされる化合物であることが説明されている
欧州食品安全機関(EFSA)のアスパルテームを説明するウェブページ。30年以上にわたってさまざまな研究が行われ安全だとみなされる化合物であることが説明されている

アスパルテーム、アセスルファムK…審査を経て使用が認められている

国の機関の結論なんて信用できない、という人は、学術論文のデータベースPubmedを用いて、自分で調べてみるとよいでしょう。リスクを主張しているのはRamazzini Instituteなどごく一部の研究者だけということがわかります。

出題文で取り上げられている別のLCSs、スクラロースについてもRamazzini Instituteから発がん性が提起されました。しかし、ほかの研究者はほぼ否定しています。

EFSAなど公的機関も、検討のうえで否定し、スクラロースは世界で使われています。日本では、厚生省が専門家の安全性審査を経て1999年、添加物として指定し使用を認めています。

アセスルファムKとアドバンテームも、EFSAやFDA、日本では内閣府食品安全委員会が安全性評価を行っており、いずれも発がん性や神経系への毒性等は認められず、世界中で使用されています。

安全性についての学術的な検証は厳しい

甘味料に対する社会の視線が厳しいのは事実です。出題文では取り上げられていないのですが、実はもっとも有名な事例は、サッカリンの発がん性問題。1970年代、ラットのオスで膀胱がんができるとして大問題となりました。しかし後に、ラットのオスは尿量が少なく尿が濃くなるため、実験で大量のサッカリンを与えられて膀胱内で結晶化し、それが刺激となってがんができていたことが判明しました。

サッカリンは砂糖の数百倍の甘さを持ち、人が大量摂取をするのは不可能です。また、3種のサルにサッカリンを24年間与える試験まで行われて1998年、「発がん性は認められない」とする結果が論文発表されました。今ではサッカリンは普通に使用されています。

こうした歴史的経緯があるため、甘味料は批判を受けがちです。安全性についての学術的な検証は厳しく、今も依然として多くの研究者がさまざまな研究を行っています。

「危ない」指摘も、検証されなければならない

たとえば前述のスクラロースについて、ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は2019年、高温で加熱した場合には有害物質が発生する可能性があるとする意見書を公表しました。ただし、結論を出すにはデータが不足しているとし、当面は食品を加熱した後にスクラロースを添加するように助言。EFSAも、改めて研究結果などを集めて再評価中です。

ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)のスクラロースに関する意見書。高温で加熱すると有害物質が発生するかもしれない、とする一方、十分なデータがないことも公表している。
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)のスクラロースに関する意見書。高温で加熱すると有害物質が発生するかもしれない、とする一方、十分なデータがないことも公表している。

また、学術誌ネイチャーに2014年、人工的な甘味料が耐糖能異常を引き起こしているという内容の論文が掲載され話題となりました。腸内細菌叢を変えてしまったためだ、と主張しています。が、その後に否定的な研究結果も複数発表され、確定的な説とはなっていません。

「甘味料は危ない」という研究が発表されると大々的なニュースとなります。その説を否定する研究結果は当たり前過ぎて報じられず、一般社会では今も「危ない」情報が氾濫しています。

出題文は、チェリーピッキングを行っている

科学研究は、その質がさまざまです。「懸念につながる研究がある」(Some research links……)、「がんの原因となると疑われる強い物質を含む甘味料がある」(Some LCSs contain strong chemicals suspected ……)という状態では、それは妥当な説とはなりません。質の高い複数の研究で同じ結果が支持されて初めて、信頼できる定説となり得ます。さらに研究が進めば、説がひっくりかえる可能性があることも忘れてはなりません。それが科学であり、そうした構造を理解するのが科学リテラシーです。

もし、出題文が甘味料の悪影響を示す研究があることと共に、各国の機関が健康への懸念を否定している事実も示し、最後に「個々人が念入りに検討し選ぶ必要がある」とまとめたのであれば、科学的には妥当です。ところが残念なことに、出題文は数多くの研究結果から筆者にとって都合のよい一部の質の低い研究を選びストーリーを作る「チェリーピッキング」(cherry picking)を行ったように見えます。これでは、雑誌やウェブメディア等で散見される「甘味料が危ない」という扇情的な記事と同レベルです。

「人工vs自然」は、ニセ科学の手法

また、出題文では人工的(artificial)と自然(natural)が対比され、人工的な甘味料が問題視されています。しかし、化学物質は人工的か自然かではその性質を区別できません。自然の怖さはフグ毒、腸管出血性大腸菌等、枚挙にいとまがありません。人工vs自然の構図を作り、人工的なものは……と続けるのは典型的なニセ科学のロジックであり、健康食品や化粧品等の販売によく見られる商法です。

あわせて読みたい

「大学入学共通テスト」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  2. 2

    国内の感染者第一号から1年 一向に有事モードに完全転換しきれない政府

    塩崎恭久

    03月04日 18:03

  3. 3

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  4. 4

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  5. 5

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  6. 6

    中国が特許件数2年連続で首位 いまや技術の「質」も苦しい立場の日本

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    03月04日 08:36

  7. 7

    「私自身が判断したい」という総理発言は何故素直に受け入れられないのか

    近藤駿介

    03月04日 13:30

  8. 8

    選挙のために「消費税廃止」を訴える野党は、国民を騙しているだけだ

    PRESIDENT Online

    03月04日 14:20

  9. 9

    石原さとみへの激怒報道を一蹴!綾野剛が現場で見せた男気

    女性自身

    03月04日 16:19

  10. 10

    毒蝮三太夫84歳「ワクチン打つ」それがコロナ時代を生きる俺の『飲む打つ買う』だ

    毒蝮三太夫

    03月04日 08:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。