記事
  • ロイター

イングランドのコロナ新規感染者が減少傾向、水準なお高い=調査


[ロンドン 28日 ロイター] - 英インペリアル・カレッジ・ロンドンが28日公表した調査によると、イングランドで新型コロナウイルス新規感染者が減少し始めており、年明け以降のロックダウン(都市封鎖)が奏功している可能性がある。ただ、減少ペースは緩慢で、罹患(りかん)率が非常に高いことに変わりはないという。

ジョンソン英首相は27日、ロックダウン措置を少なくとも3月8日まで維持する可能性を示唆した。

インペリアルによると、1月6─22日の期間に人口10万人あたりのコロナ感染者数が157人となり、罹患率は1.57%だった。ロンドンの罹患率が最も高く、2.83%だった。

ただ、調査期間の終盤にロンドンと英南部の地域で罹患率が低下。一方、中東部イースト・ミッドランズ地域では新規感染者が増える明確な傾向が示された。他の地域の罹患率は横ばいだった。

研究チームは、イングランドで1月5日に導入されたロックダウンは罹患率を押し下げる効果が表れるまで時間がかかり、地域間で影響に差異がみられたと指摘。

研究に携わるインペリアルのポール・エリオット教授は記者団に「(罹患率は)過去数日に低下しているようで、勇気づけられる」と述べた。インペリアルが先週公表した中間調査結果では、ロックダウンの初期に感染抑制効果は確認できなかった。

エリオット氏は「しかし罹患率をもっと速いペースで低下させる必要がある。NHS(英国民保険サービス)が極端に圧迫されているからだ」と強調した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  2. 2

    東浩紀「“自由”の制限でウイルス消えず…長期的ヴィジョンなき罰則強化は現実逃避」

    文春オンライン

    02月24日 07:27

  3. 3

    ZEROは0でない それをwithと言うと思いますが 立憲民主党はやはりPCR利益誘導?

    中村ゆきつぐ

    02月24日 06:49

  4. 4

    私がwithコロナではやっぱり飲食業界が厳しいと思う理由

    宇佐美典也

    02月24日 12:00

  5. 5

    ビートたけしが若者に「スマホを手放す勇気を持て」と語る理由

    NEWSポストセブン

    02月24日 17:00

  6. 6

    「GAFA課税」は国際的な議論へ 導入しない理由はないと言える背景

    山内康一

    02月24日 14:32

  7. 7

    日本で唯一車で走れる砂浜が一部通行止めに 地元からは「地域の宝、早く復旧して」の声

    BLOGOS しらべる部

    02月24日 16:49

  8. 8

    【読書感想】実録ブラック仕事体験記

    fujipon

    02月24日 10:35

  9. 9

    なぜ、57歳母と24歳の息子は死んだのか〜「八尾市母子餓死事件」の調査のため、八尾市に〜の巻 - 雨宮処凛

    マガジン9

    02月24日 15:13

  10. 10

    企業不祥事の発生は「必然」だが発覚は「偶然」である-小林化工事案の考察

    山口利昭

    02月24日 06:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。