記事
  • ロイター

中国のスマホブランド、2020年にインド市場でシェア拡大=調査


[ベンガルール 27日 ロイター] - 調査会社・カウンターポイントによると、中国のスマートフォンブランドは2020年にインド市場でシェアを拡大した。同年には国境地帯で両国軍兵士が衝突して死者が出る事態が起き、インドに進出している中国企業への逆風が高まったが、スマホ市場に与えた影響は限定的だった。

中国スマホブランドのインド市場のシェアは75%と、2019年の71%から拡大し、少なくとも2014年以降で最高を記録した。

中国のスマホメーカー小米(シャオミ)のシェアは26%と、引き続き最大のシェアを握った。前年の27%からは若干縮小した。シェア2位は韓国のサムスン電子で21%だった。

これに続いたのはVivo(ビボ)、Realme(リアルミー)、Oppo(オッポ)と全て中国ブランドだった。

カウンターポイントのリポートでアナリストは「反中感情は年末までにほとんど収まった」と指摘した。

昨年6月に起きた国境地帯での両軍の衝突ではインド兵士20人が死亡し、インド国内で反中感情が高まった。

ビボはインドで人気のクリケットのプレミアリーグのスポンサー契約を2018年から2022年の期間で結んでいたにもかかわらず、昨年は冠スポンサーの地位を手放した。

シャオミは昨年、ウェブサイトに「メイド・イン・インディア」の表示を追加、現在も大きく表示されている。

インドの昨年のスマホ出荷台数は1億5000万台強となり、前年からは4%減少した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  2. 2

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  3. 3

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  4. 4

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  5. 5

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  6. 6

    コロナを克服した世界はいずれ教訓を忘れてしまうのか

    ヒロ

    02月28日 10:57

  7. 7

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  8. 8

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  9. 9

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  10. 10

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。