記事
  • ロイター

次期米エネルギー長官、バイデン政権のエネルギー転換政策を擁護

[ワシントン 27日 ロイター] - バイデン米大統領がエネルギー省長官に指名したジェニファー・グランホルム氏は27日に上院で開かれた承認公聴会で、バイデン政権が推進するクリーンエネルギーへの転換を擁護した。一方、石油など化石燃料を生産する各州選出上院議員らは、雇用への影響に懸念を表明した。

グランホルム氏は、電気自動車(EV)産業のほか、高性能な電池や太陽光、風力発電などクリーン技術分野で米国が中国と競合できるよう目指している。

グランホルム氏は公聴会で、「アジアからEV用の電池を購入できるし、その電池を米国でも生産することができる」と説明。さらに、「デンマークから風力タービンを調達できるが、米国でも生産できる」と強調した。

一方、ジョー・マンチン議員(民主党、ウェストバージニア州)と、ジョン・バラッソ議員(共和党委員長)は、グランホルム氏に対し、バイデン大統領が進めるグリーンエネルギー政策について、クリーンエネルギーへの転換により、石炭、石油、ガス労働者が職を失うリスクがある州では懸念が高まっていると訴えた。

マンチン議員は、化石燃料業界の労働者について、「こうした人たちは、置き去りにされていると感じている。エネルギー転換は技術革新の分野でなければならず、雇用削減につながるべきでない」などと訴えた。

これに対し、グランホルム氏は、バイデン政権では、2050年までに温室効果ガス排出量をゼロにする目標を掲げているが、石油、ガス、石炭はなお米国のエネルギーミックスの一部と強調した。

さらに、ミシガン州知事を務めていた際、新たな雇用の支援策を策定したと説明。バイデン政権では、クリーンエネルギー転換で得る利益の40%は、後れを取っているコミュニティーに充てる約束を掲げていると改めて強調した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  3. 3

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  4. 4

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  5. 5

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  6. 6

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  7. 7

    「SDGsな未来へ」が意味するもの

    自由人

    02月27日 11:16

  8. 8

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  9. 9

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  10. 10

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。