記事

「奴らが戦いを仕掛けてきたら…」自衛隊・元特殊作戦群長の終末思想をひもとく オールドな思想から流行のQアノン陰謀論までカバー - 石動 竜仁

1/2

 共同通信の配信記事(2021年1月23日)が、軍事マニアの間で議論を呼んでいる。陸上自衛隊の特殊部隊である特殊作戦群の初代群長が、自衛官を集めて戦闘訓練を行っていたというのだ。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

〈 陸上自衛隊特殊部隊のトップだったOBが毎年、現役自衛官、予備自衛官を募り、三重県で私的に戦闘訓練を指導していたことが23日、関係者の証言などで分かった。(中略)

 関係者によると、訓練を指導するのは、テロや人質事件などに対応する陸自唯一の特殊部隊で2004年に発足した「特殊作戦群」の初代群長を務めた荒谷卓・元1等陸佐。自衛隊を退職後の18年11月、三重県熊野市の山中に戦闘訓練や武道のための施設を開設。直後の同年12月、19年4月、20年12月と現役自衛官、予備自衛官を募り「自衛官合宿」と称し戦闘訓練を続けてきた。

「陸自OBが私的に戦闘訓練『楯の会に酷似』三島信奉」(共同通信配信記事より)〉

 共同通信の記事では、かつて三島事件を起こした三島由紀夫と民兵組織である楯の会との関係になぞらえる防衛省関係者のコメントを紹介し、自衛隊で情報漏えいを監視する情報保全隊も調査していると報じている。

オールドな思想から流行のQアノン陰謀論までカバー

 渦中の人物である荒谷氏は、軍事マニアの間では以前から特異な発言で知られており、2011年1月28日付けの産経新聞では情報保全隊の監視下にあることも報じられていた。しかし、改めて荒谷氏が主宰する団体のサイトが注目されると、オールドな思想から流行のQアノン陰謀論までカバーする主張に騒然となった。


2007年、陸上自衛隊の祝賀行事で大臣訓示を聞く特殊作戦群の隊員たち ©時事通信社

 これら荒谷氏の主張がネット上で話題になると、ネット右翼かとの声もあれば、あるいは筆者が過去に記事にした三無事件の川南豊作との関連を挙げる人もいた。だが、これらは筆者の抱いた所感と異なる。

 そこで本稿では、荒谷氏の著作や過去の発言、ネット上の記述等から、その独特な思想について探っていこうと思う。なお、本稿は糾弾を目的としたものではなく、また荒谷氏の団体には一般の方も多く参加しているため、団体関連で荒谷氏以外の固有名詞は記述しない。

三島由紀夫か? ネット右翼か?

 荒谷氏とその主宰する団体が、三島由紀夫と楯の会に似ているという共同通信記事の指摘には筆者は懐疑的だ。楯の会はそれなりの規模の組織として存在していたが、荒谷氏の団体はイベント毎に参加者を募っており、常時いる人はわずかなようだし、自衛官もイベントの度に募集をかけている。

 また、ネット右翼でも多数派を占めるであろう自民党政権支持の立場を荒谷氏はとっていない。むしろ、安倍前総理に関しては、種子法改正反対等の立場から極めて批判的だ。中国や北朝鮮よりもアメリカやグローバル資本主義をリスクとし、憲法改正も望んでもおらず、ネット右翼とは大きく主張が異なる。

 同様に川南の思想とも異なると思う。川南は資本家側の人間であり、その国家構想も金融が重要な要素となっているが、荒谷氏は反資本・反金融の立場を取っており、相容れるものとも思わない。

日本軍人がハマってきた農本主義

 筆者は荒谷氏が代表を務める団体の趣旨を読んで、戦前の農本主義を想起した。日本の軍人がハマる思想として、ある意味で伝統的なものだ。

 農本主義は農業を国家の根幹に据える思想であり、その思想自体はずっと昔から存在する。しかし、井上寿一学習院大学教授によれば、大正から昭和にかけて、農村の窮乏を救おうとした農業改良家らは、農村内部ではなく、外部要因(都会中心の資本主義)に問題があると考えるようになり、「彼らは農本主義に基づく社稷国家(土地の神と五穀の神の国)として日本の再生をめざす」(『戦前昭和の国家構想』講談社選書メチエ)ようになったという。

 農本主義者の権藤成卿、橘孝三郎の思想は青年将校に大きな影響を与え、血盟団事件、五・一五事件に繋がっていく。現代史家の秦郁彦氏は、戦前日本型ファシズムにおいて、農本主義は「一種の思想的故郷ともいうべき地位を占めている」(『軍ファシズム運動史』河出書房新社)と、その位置付けを説明している。

 では、これを踏まえて、荒谷氏の主張を確認しよう。荒谷氏の私塾のサイト内にある「問題意識と解決」の中で、現在グローバル資本主義が引き起こしている地球的問題に、既存の制度、政党、政治家等による解決は見込めないとして、次のように提唱している。

〈 市場中心のグローバル資本主義の流れを変えるということは、近代以降の西欧文明を基準とした世界秩序を見直すということです。とても大きな変革です。

 ですから、既存の制度やものの考え方では変革は無理です。既存の権力に依存していては何も変わりません。

 正しいと思うことは他に依存せず、自分で実践していかなくてはいけません。毎日、自分自身が正しい生き方をすること。そして同志が集い正しい秩序の共同体を運営していくことが最も確実な変革への道です。

 我々は、日本の伝統文化を通じて、この現状を再考し、人間の本来の立ち位置に戻ることを提案したいと思います。そしてそれを自ら実行する意志力と実行力こそが世界を正しい道へと導く唯一の解決策です。

「問題意識と解決策」〉

 荒谷氏の主張は反グローバル資本主義であり、グローバル資本主義と西欧文明が構築してきた現行の世界秩序を、稲作を中心とする日本の伝統文化によって正すというものだ。反資本主義、稲作(農業)を中心とする社会、地域共同体志向。これらは農本主義の構成要素だ。荒谷氏は農本主義という言葉を使っていないが、それに近い思想に自身で行き着いたのだろうか。いずれにしても日本軍人がハマる思想の伝統をなぞっている。

憲法改正を否定するのに憲法を起草

 荒谷氏の憲法に対するスタンスは独特である。荒谷氏は現行の日本国憲法を否定している。しかし、9条改憲論者でもなければ、その他の改憲論とも一線を画している。荒谷氏は前述のように、「既存の制度やものの考え方では変革は無理です」と主張しており、改正も眼中にないようだ。

 しかし、荒谷氏は約10年間「憲法を起草する会」という勉強会を主宰し、同志を集めて構想を練っていると語っている。憲法改正の枠組みを否定しているのに新しい憲法を作る。これは革命か実力行使を示唆すると捉えられかねないが、荒谷氏の本意はどうなのだろうか。それを窺わせる発言がある。

〈 そのうちまた世界的な大きな時代の波が来ますからね、そのとき、今やっているようなチマチマした憲法改正議論を考えていてもね。僕なんかいま考えてるのは、皇室典範と国民典範。なぜなら、日本な君民一体(引用者注:「日本は君民一体」の誤字?)ですから。

『武人 甦る三島由紀夫』(晋遊舎ムック 別冊歴史探訪)所収インタビューより〉

世界の終末に備えるプレッパー

 2013年発行の上記のインタビューの中で、荒谷氏は「大きな時代の波」が来た時、自分たちがイニシアティブを取って国民典範(「憲法より上位の国体規範」と荒谷氏は定義している)や憲法を定められると考えているようだ。その自信の源泉とは、そして「波」とは何か? 荒谷氏は2019年4月にブログでこう書いている。

〈 大規模震災が、近々起こるであろうことはほとんどの国民が認識して対処準備を取っていますが、金融の大規模人災も近々起きるであろうことを認識している国民は少ないようです。マネーに依存しているすべての仕組みが崩壊することを前提に、私たちは未来の準備をしなくてはいけません。それは決して悲壮な覚悟ではなく、正しい人類の生き方を取り戻す絶好の機会です。

荒谷氏ブログ(2019年4月7日)より〉

 つまり、金融カタストロフにより貨幣経済が崩壊する未来に備えつつ、その崩壊を自身の理想を実現する絶好の機会とみているのだ。このことから、荒谷氏はある種のプレッパー的な思想を抱いていると考えられる。

 プレッパーとは、核戦争や大災害といった世界の終末に備え、食料の備蓄から核シェルターの保有、さらにはサバイバル訓練等を行う、一種の終末思想を持つ人々のことだ。農村で同志たちによる自給自足の共同体を目指している荒谷氏は、貨幣経済の崩壊に備え、その後の新世界を窺っているのだろう。

 ある意味でこれは合法的革命論と言えるかもしれない。合法的な憲法改正を否定しても、世界崩壊後の新秩序のための憲法なら、そこに今の日本国はないからだ。

あわせて読みたい

「陰謀論」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  2. 2

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  3. 3

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  4. 4

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

  5. 5

    「無料です」夜のお弁当屋さん 1日1食で命をつなぐ人々

    田中龍作

    03月07日 17:46

  6. 6

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  7. 7

    みずほ銀行のATMがまたトラブル 1週間のうちに利用客に影響を与える障害が3回

    ABEMA TIMES

    03月07日 21:20

  8. 8

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  9. 9

    在宅生活で健康体を保つ上で重要な三つのこと

    ktdisk

    03月07日 22:13

  10. 10

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。