記事

東京五輪「アスリートにワクチン優先」案 選手からも反発続出

2/2

「もっと声をあげるべき」

 溝口氏が指摘するように、ワクチン問題に敏感な反応を見せる選手もいる。12月5日に開かれた陸上長距離の代表内定会見では、女子1万mで五輪代表の座を勝ち取った新谷仁美が、ワクチンの副反応を懸念して「正直受けたくないと思っている」「安全性が確保されている証明がないと、ただただ怖いだけ」といった率直な思いを口にした。

 新谷は五輪開催の可否についても、「国民の皆さんがやりたくないと言っていたら、開催する意味がなくなってしまう」と自分の言葉で考えを語っている。

 しかし、こうしたケースは稀だ。

 週刊ポストは、アスリートの優先接種問題について、競技中に身体接触のあるスポーツを中心に競技団体の見解を求めたが、「選手に対するワクチンの手配や接種のフローは政府レベルで検討がなされているものと理解している。定められたルールに則り対応をしていく」(全日本柔道連盟)といった対応だった。

 スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏はそうした状態について懸念を表明する。

「結局、IOCはじめ、自分たちの利益のためになんとしても開催したい人たちがワクチンの優先接種を言い出している状況です。私はもちろん反対ですが、本来は日本のスポーツ界、つまりは競技団体やアスリートから、きちんとした意見表明があってほしい。

 今後も、感染拡大が続くことが考えられる以上、当然この問題がもっと現実味を帯びた議論になってくる。だからこそ、それに先んじて海外ではスポーツ関係者が“優先して打つのはおかしい”と声を上げているわけです。日本のスポーツ界には、自由な議論を許す空気がない。その構造的な問題が露呈しているように思えてならない」

 新型コロナのワクチンは、その効果が期待されるからこそ、優先順位などの取り扱いには注意を要する。オリンピックを巡っても、慎重な議論と判断が必要だ。

※週刊ポスト2021年2月5日号

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  2. 2

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  3. 3

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  4. 4

    経産省と「幹部の過半数」に見切られた東芝・車谷社長「男子の本懐」

    新潮社フォーサイト

    04月15日 08:48

  5. 5

    わきまえない人・森喜朗の晩節に政界が捧げる「忖度なきマイナス査定」 - 新潮社 フォーサイト

    新潮社フォーサイト

    04月15日 16:09

  6. 6

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  7. 7

    TBS「ラヴィット!」が成功するためのいくつかの提案

    メディアゴン

    04月15日 17:26

  8. 8

    大阪のコロナ 病床 医療者が足りない もう自衛隊しかない?

    中村ゆきつぐ

    04月15日 08:19

  9. 9

    トリチウムのキャラ化で、原発処理水の説明ページが公開休止に。次なる議論の焦点は、福島原発処理水の「特殊性」か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月15日 10:52

  10. 10

    緊急事態宣言はやればやるほど効き目がなくなります

    おか たかし (元・大田区議会議員・国民民主党)

    04月15日 08:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。