記事

東京五輪「アスリートにワクチン優先」案 選手からも反発続出

1/2

選手のワクチン優先接種には海外アスリートからも反発が起きているという(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスのワクチンの「順番」をめぐって、議論が巻き起こっている。国際オリンピック委員会(IOC)の最古参委員であるディック・パウンド氏が英メディアに対し、「東京五輪開催のために選手たちに新型コロナのワクチンを優先的に接種させるべき」という意見を述べた。

【写真】朱色のナイキのスパイクで蹴り脚を引き付ける瞬間・タータンから約20cm浮く新谷仁美選手

 パウンド委員は、今後の対応は各国の判断だとしながらも、優先接種が「最も現実的な進め方」だとしている。これには、五輪関係者から期待の声があがる一方で、“国民から反発が強まるのは必至”と懸念する声もある。

 当のアスリートたちも、この案を大歓迎しているわけではない。すでに海外のアスリートから反発が起きている。

 前出・パウンド委員の母国カナダでは、元メダリストたちが相次いで反対意見を表明。2016年リオ五輪のレスリング女子75kg級金メダリストであるエリカ・ウィービー氏は、公共放送CBCの取材に対し、「ワクチンを最も必要とするのは最前線で働く人」だと強調した。

 2004年アテネ五輪体操男子カナダ代表で、ゆか金メダリストのカイル・シューフェルト氏は取材依頼にメールで回答。優先接種への反対を明言した。

「五輪選手は重症化しやすい高齢者のような守られるべき立場ではありませんから、優先的な接種が必要だとは思えません。

 アスリートのワクチン接種がなくても、安全に五輪を開催する方法があると信じています。バブル(隔離空間)方式、頻繁な検査、選手と報道関係者との接触の制限、マスクやソーシャルディスタンス、試合中の衛生環境の改善など、適切な管理運営が安全な大会のために必要だと思います」

 同氏はまだ半年の時間があることを強調し、「今はパニックに陥るよりも希望を見出す時だと信じている」と結んだ。

「カナダでは日本よりも早い昨年12月からワクチンの接種が始まっていますが、そのペースが計画より遅い。五輪選手のような健康な若者は当然ながら優先順位が低く、普通に“順番待ち”をすれば7月の五輪開幕に間に合わない。“列の横入り”になることに対して、一流アスリートが反対を鮮明にした」(在米ジャーナリスト)

 変異株が流行する英国でも、元金メダリストが否定的な見解を示した。

「ワクチン接種は人道的な観点から、壮健なアスリートよりも重症化リスクの高い人を優先しなくてはいけない」

 そう話すのは、1992年バルセロナ五輪の柔道52kg級銀メダリストで日本女子体育大学教授(体育学部運動科学科スポーツ科学専攻)の溝口紀子氏だ。

 溝口氏は、アスリートにとってワクチンを打つかは非常にデリケートな問題だとも指摘する。

「ファイザー社などのmRNAワクチンが、性ホルモンや筋肉にどのような影響があるのかを示すエビデンスがはっきりしていないことに困惑している選手もいます。

 また、国際大会である以上、国による文化・慣習の違いの問題も出てきます。私が女子柔道フランス代表のコーチをしていた時に、インフルエンザのワクチンを打ちたいと思ってチームドクターに相談したところ、“自分で罹患して免疫を持ったほうがいい”と言われた経験があります。

 フランスでは、よほどリスクの高い人でない限り、ワクチンを投与するという考え方が定着していない。現地でコロナワクチンの接種ペースが想定より大幅に遅れていることには、そうした国民性も背景にあると考えられる。全世界の参加アスリートに一律で優先接種というのは、ある種の強制措置ですが、すべての選手がそれをありがたがると思っているのだとすれば、大きな間違いです」

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  2. 2

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  3. 3

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  4. 4

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  5. 5

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  6. 6

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  7. 7

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  8. 8

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  9. 9

    トルコで広がる‘ウイグル狩り’――中国の「ワクチンを送らない」圧力とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    03月05日 15:55

  10. 10

    『無職転生』巡り中国で大炎上 中国版”ポリコレ棒”が横行する背景

    NEWSポストセブン

    03月05日 16:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。