記事
  • 2012年11月28日 21:52

白々しすぎる中国共産党礼賛記事

 『河北日報』が「今だにこんな記事を載せるんだ」としか言いようのない記事「河北省委书记:听党的话不信邪不信鬼不信神」を掲載しており、いろいろ面白かったので、これについて少し。

1 記事の紹介

 最初にいつものとおり記事を翻訳したものを紹介させていただきます。しかし本当に長い記事で、とても全文の翻訳はできないで、一部分のみの紹介とさせていただきます。

 11月27日(河北)省書記、(河北)省人民代表大会常務委員会の張慶黎主任が涞水県悟空寺村を訪問し、村民を慰問すると共に、地元の幹部や民衆に第18回党大会の精神を説明し、村の状況を視察した。

 今年の3月20日~21日、張慶黎は悟空寺村の農家に泊まって現地調査を行ったことがある。党大会の閉幕した時期に、張慶黎は再度ここを訪問し、十八大精神を人々に伝えた。

 張慶黎がふと道ばたの一軒の農家に入ると女主人が出迎えた。

 「張書記、こんにちは、前回もお会いして、その時も握手させてもらいました。」

 張慶黎は笑って、日常生活の様子を聞いた。一家の基本的な情況を知った後、張慶黎は聞いた。

 「十八大をテレビで見ましたか?」「見ました」「体得したものの中で、最も深いものはなんですか?」「小康状態(まずまずのレベル)の生活を目指すことです。」

 「十八大のスローガンの1つが、2020年までに、小康社会を作り上げることです。その時には民衆は今より豊かになって、私達の国家に更に強大になる。中国共産党だけが斯様に民衆のことを考えてくれる。」

 女主人は話を聞いてしきりにうなずいた。広々としていてきちんと整備された村道、新築の村民衛生サービスセンター、美しい数々の自然とまっすぐそびえ立つクルミの芽、こうした豊かで美しくなった光景、ここまで良くなった変化が、張慶黎を非常に喜ばせた。

 新しくできた村の広場で、多くの村民は早くから集まっており、張慶黎の到来を出迎えた。張慶黎の姿を見て、皆、喜んで前に出て来て彼と握手をし、張慶黎は以下の様に挨拶をした。

 「皆さん、8ヶ月ぶりで、大変懐かしく思います。第18回党大会が閉幕し、省でも何度か十八大精神についての会議を開催しています。今回ここに来たのは、皆さんと、どのように十八大精神を広めていくかと相談するためで、共に前に進み、18回党大会で提出された各目標を実現していきましょう。」 

 これ以上訳しても馬鹿馬鹿しいので止めておきますが、これが一番最初のところで、同じように張書記が村人を訪問して、いろいろ気遣う発言をすると、村人が感謝して、ここまで生活が良くなったのは、共産党のおかげと感謝するというパターンが延々と続いております。

2 個人的感想

 私もここまで露骨な共産党礼賛記事は久しぶりに見ました。おそらく張書記か彼に近いところから圧力が掛かってやむを得ずこうした記事を載せることになったのかと思います。

 以前にも指摘した様に(日本は国際的に孤立し、経済的にも終わり?)、中国のメディアは「党の喉と舌」(2006年の「国家文化発展計画綱要」)と規定されており、中国共産党の宣伝機関という位置づけとなっているので、こうした記事が掲載されても何の不思議もありません。

 ただ、こうした露骨な記事はあまりに見え透いているので、プロパガンダとしてはあまり出来がよくありません。実際、これを転載していた『環球網』の感想をみると、圧倒的に「可笑しい」という感想が多く、コメントもかなり辛辣なものが並んでおります。

 ただ、こうした記事からもいろいろ見て取れるところはあります。例えば共産党は一党独裁で、中央集権なので、党の最高決定機関である党大会の決定事項を金科玉条の様に重視することでしょう。

 はっきり言ってこれは外国人には理解しがたい面があります。党大会の時になると、テレビで「十八大精神」(18回党大会で決まったこと、17回党大会なら「十七大精神」)を皆で学習しよう、推し進めようというニュースが延々と流されており、呆れ返るだけです。

 確かに最初に内容についていろいろ報道されるのですが、はっきり言ってきれい事ばかりで、具体的に何がどう変わったのか一般の大衆にも良くわかりません。それでも、「大事だ」と、こうした形式だけが重んじられることとなるのが実態です。

 もう1つは、やはり経済成長(人々の生活が豊かになったこと)こそが、共産党の権力の正当性と捉えられていることです。

 かつては、「抗日戦争」(第二次世界大戦)を勝ち抜いて、新中国を建国したことが中国共産党の最大の権力の正当性だったのですが(日本のコンプレックスを主張するのは中国のコンプレックスでは墓参りと中国の統一(革命思想教育))、最近では少しづつ変わってきております。

 ま、これは当たり前の話でいつまでも「過去の栄光」を持ち出されると聞く方も飽きてきますし、現実問題として国(政府)は何をしてくれるか、政府を支持して自分達に何の得があるのか、と考えるのが普通の一般国民です。

 そこで、最近の高度経済成長を受けて提唱されているのがこうした経済成長に基づく主張で、つまりこれだけ中国を豊かにしたのが中国共産党なのだから、共産党に従っていれば間違いないという発想です。

 これも馬鹿馬鹿しくて反論する気にもなれませんが、かつて「大躍進」や「文化大革命」で中国経済をメチャクチャにしたのも共産党で、指導に従った結果トンデモナイことになったわけですが、そこいらは華麗にスルーするのがプロパガンダのプロパガンダ足る所以でしょう。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  2. 2

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  3. 3

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  4. 4

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  5. 5

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  6. 6

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  7. 7

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  8. 8

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  9. 9

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  10. 10

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。