記事

「自分のポートフォリオには加えない」就任式のバーニー・サンダースを撮った写真家が語る

1/2
就任式でもっともイジられる画像の被写体となったバーニー・サンダース氏(Photo by Brendan Smialowski/AFP/Getty Images)

ここ数日、SNS上で大いにバズったのがバーニー・サンダース上院議員の大統領就任式での画像。ぽつんとパイプ椅子に座る”あの写真”を撮影したブレンダン・スミャロフスキー氏はこのように語っている。「おそらく彼は何の問題もなくあの場にやって来て、一人で座り、書類を抱えて、そのあとは普段通りの生活に戻っていったと思います」

たった1枚の写真が、バーニー・サンダース1000人分もの多くのことを物語る。この場合は、1枚の写真から10万以上ものミームが生まれた。

就任式の2週間前、暴徒化したトランプ支持者らが連邦議事堂に乱入したとき、コネチカット出身の元スポーツ・フォトジャーナリストで現在はフランス通信社の政治担当カメラマン、ブレンダン・スミャロフスキー氏はちょうど議事堂の前にいた。そして1月20日、スミャロフスキー氏は寒空の下再び議事堂の前で、ジョー・バイデン大統領新政権の誕生の瞬間を撮影していた。

【画像を見る】バーニー・サンダース「あの画像」を撮ったブレンダン・スミャロフスキー氏の近影

望遠レンズとニコンDSLRを手に、スミャロフスキー氏はその日の雰囲気や貴重な瞬間をフィルムに収めようとしていた。「右を見れば連邦議事堂、そして壮麗なスタンドと座席が広がっています。左には人っ子一人いないナショナル・モールです」と、彼はローリングストーン誌に語った。

テッド・クルーズ、ジョシュ・ホーリー両上院議員の姿を追っていたスミャロフスキー氏は、距離を空けておかれた椅子に座っているバーニー・サンダース上院議員に気が付いた。その写真は就任式最大のミーム画像となった。アマチュアもプロもこぞってサンダース議員の姿を古典絵画や映画のスチール写真、アルバムカバーや古い写真、その他ミームに織り交ぜた。また、無意味な会議から4人組バンドのコンサートのチラシにいたるまで、あらゆるものに苛立ちを表現するリアクション画像の恰好の餌食にもなった。

「彼は超有名人です。予備選挙では一目置かれる人物です。政界での彼のブランド力は引きがあります」とスミャロフスキー氏は言う。「だから僕も、彼本人や彼と交流する人々には目を光らせておきたいと思っています。いい写真を撮るためにね」

そのあとの成り行きは皆さんご承知の通り。

「彼は人間的にも一匹狼なんだと思います」

ーあの写真が撮れた時、一番最初に頭に浮かんだことは何ですか?

スミャロフスキー:写真そのものの出来はそれほど良くありません。構図がいまいちです。自分のポートフォリオには加えないでしょうね。

ーあの時、議員の写真を何枚ぐらい撮影したんですか? どのぐらいの時間観察していたんでしょう?

スミャロフスキー:あの瞬間は2枚撮りました。おかしな話ですが、2枚目の方が―僕としては出来が良かったように思いました。でも1枚目のほうが彼の姿勢やポーズなどがいい瞬間だったので、そっちを通信社に送ったんです。でも構図は最悪でした。ごちゃごちゃしていましたが、こっちの方がいい瞬間をとらえていた。僕はいつも言っているんですが、フォトジャーナリズムでは構図は二の次、まずは中身です。中身こそが瞬間なんです。後からいくらでもよく見えてくる。写真のあらゆる要素を盛り込んで、それでもうまく収められなかったら、それはそれで構わない。瞬間をとらえることのほうがずっと大事なんです。それから、いい写真が撮れるよう撮り続けることです。

今回の場合、あの瞬間は本当にあっという間でした。だから撮り直しはきかなかった。この写真を撮る前にも彼を観察して、あちこち歩き回りながら何枚か撮ってはいたんです。僕はわりと気を抜きながら撮影していました。突然面白いものが出てくることがあるからです。大勢の人の頭や体が動きまわっていて、まるで「ウォルターを探せ」状態。でもこの写真を撮った時は(上院議員のテッド・)クルーズと(ジョシュ・)ホーリーを追っていたので、カメラは別の方向を向いていたんです。

ーつまり、あなたの狙いは2人だったと?

スミャロフスキー:2週間前に起きたことを考えれば、今はあの2人が旬ですからね。僕の最優先事項もそんなところでした。でも撮影しているときは両方の目をしっかり開いているんです。つまり、片方の目はカメラ越しに物事を拡大して見る。すなわち写真に撮ろうとする映像ですね。ですがもう片方の目もしっかり開けて、周りで何が起きているのか、他のことも目に入るようにしておくんです。決して視野を狭めたくはないでしょう。だから僕も片方の目で回りを観察しています。あの時は(サンダース議員が)腰かけて、ちょっと身動きしているのが目に入った。それで急いでカメラを動かして、あの写真を撮ったんです。

ー写真を見る限りだと、バーニーは少々苛立っているというか、退屈しているように見えます。実際に彼はそういう感じでしたか? それとも、あの瞬間だけでしたか?

スミャロフスキー:実際のところ、僕自身この手の写真はあまり好きじゃないんです。特定の瞬間を切り取った写真は、誤解を招くようなところがありますから。こういう写真は好きじゃないし、意図して撮ろうともしません。断言できますが、次の瞬間にはきっと違う写真になっていたと思います。ただ、写真から伝わるフィーリングはありのままだと思います。構図的にも、彼の手の位置や足の位置といった細かいところは少々違っていてもね。でも、僕はこれが最高だと思ったし、それで十分うまくいきました。

この日はやることがたくさんあったので、その瞬間に長くとどまるつもりはありませんでした。バーニーが目的じゃありませんから。彼だって、ずっと一人きりで座っていたわけじゃありませんよ……当然他の人と会話もしていました。ただ、サンダース議員は政治的には無所属ですし、たぶん人間的にも一匹狼なんだと思います。おそらく彼は何の問題もなくあの場にやってきて、一人で座り、書類を抱えて、そのあとは普通に日常に戻っていったんだと思います。

あわせて読みたい

「バーニー・サンダース」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  2. 2

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  3. 3

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  4. 4

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

  5. 5

    「無料です」夜のお弁当屋さん 1日1食で命をつなぐ人々

    田中龍作

    03月07日 17:46

  6. 6

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  7. 7

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  8. 8

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

  9. 9

    在宅生活で健康体を保つ上で重要な三つのこと

    ktdisk

    03月07日 22:13

  10. 10

    みずほ銀行のATMがまたトラブル 1週間のうちに利用客に影響を与える障害が3回

    ABEMA TIMES

    03月07日 21:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。