記事
  • ロイター

UBS、第4四半期は137%増益 富裕層向け事業が好調


[チューリヒ 26日 ロイター] - スイスの金融大手UBSが26日発表した2020年第4・四半期決算は137%の増益となった。顧客の取引活動が高水準だったことが寄与した。

第4・四半期の純利益は17億0800万ドル。同行がまとめたアナリスト予想の中央値9億6600万ドルを大幅に上回った。

富裕層・超富裕層の間で融資や取引の需要が好調だったことに加え、投資銀行部門の活動も拡大した。通期では54%の増益となった。

同行は取締役会が1株当たり0.37ドルの配当を提案する方針だと表明。今四半期は11億ドル相当の自社株買いを実施する計画。

40億スイスフラン(45億ドル)を上限とする新たな自社株買い(期間3年)も開始する予定。同行は株主還元策として、以前より自社株買いを重視している。

UBSの大きな収益源は、富裕層向けの助言・資金管理サービス。国際的な投資銀行業務・資産運用業務も継続しているが、リテール・法人金融は国内市場でのみ展開している。

2020年はこうしたビジネスモデルが奏功した。富裕層向けの融資や住宅ローンはリスクが低く、多くの銀行に比べ損失が少なかった。

通期の純貸倒損失費用は6億9400万ドル。スイス部門を除くすべての部門が、新型コロナの流行に伴う利益を計上した。

第4・四半期は、ウェルス・マネジメント部門が22%の増益。融資が増えたほか、取引が引き続き高水準だったことが寄与し、低金利の影響を相殺した。

富裕層からの新規の顧客資金流入は211億ドル。同部門の投資資産は3兆ドルに増加した。

一方、投資銀行部門は、第4・四半期の税引き前利益が5億2900万ドルと、前年同期の赤字から黒字転換した。トレーディング業務とアドバイザリー業務が2桁の増収を記録。コスト削減も寄与した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  3. 3

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  6. 6

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  7. 7

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  8. 8

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  9. 9

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。