記事
  • ロイター

日経平均は反落、米経済対策への不安や高値警戒から売り優勢に


[東京 26日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は、反落。米経済対策に不安感が生じているほか、前日に終値ベースでのバブル後最高値を更新したことで高値警戒感が台頭したことから、終始売り優勢の展開となった。

25日の米国株式市場は、主要株価指数が日中高値から押し戻されて取引を終えた。財政刺激策の規模やタイミングを巡る懸念が高まり、主要企業の決算発表を控えた楽観ムードを圧迫した。

市場では「これまで米国の財政刺激策が買い材料になっていただけに、それに対して不安が生じたことは日本株にとっても明らかにマイナス」(国内証券)との声が聞かれ、朝方から利益確定売りが先行。さらに、前日の引け間際に急伸していたことで高値警戒感も台頭、これも株価を押し下げたという。

一方、前日に好決算を発表した日本電産が昨年来高値を更新するなど、業績に対する関心が高まっている。市場では「これから決算発表シーズンが本格化するため、その概要が明らかになるまえ様子をみようとするムードもある」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が聞かれた。

TOPIXは、0.75%安で終了。東証1部の売買代金は、2兆3130億5100万円だった。東証33業種では、海運業、ゴム製品、非鉄金属などげ下落し、値上がりは電気・ガス業など4業種にとどまっている。

個別では、トヨタ自動車など主力輸出関連株に軟調な銘柄が目立つほか、三井住友フィナンシャルグループなどの銀行株や指数寄与度が大きいファーストリテイリングもさえない。半面、東京エレクトロンが上場来高値を更新したほか、東京電力ホールディングスが逆行高した。

東証1部の騰落数は、値上がり830銘柄に対し、値下がりが1276銘柄、変わらずが84銘柄だった。

日経平均

終値      28546.18 -276.11

寄り付き    28696.30

安値/高値   28527.81─28740.71

TOPIX

終値       1848.00 -14.00

寄り付き     1853.64

安値/高値    1847.85─1858.44

東証出来高(万株) 107061

東証売買代金(億円) 23130.51

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総務省違法接待は菅首相の報復人事と霞が関幹部私物化が発生源、現場の国家公務員はお茶菓子も食べない

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  4. 4

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  5. 5

    菅首相は山田広報官を更迭せよ ~強権と縁故主義の安倍-菅政治の終焉~

    鈴木しんじ

    02月26日 19:12

  6. 6

    “接待問題”めぐり東北新社の二宮社長が辞任 菅総理長男は懲戒処分

    ABEMA TIMES

    02月26日 18:52

  7. 7

    夫婦別姓に反対の丸川珠代大臣「自分は旧姓使用」に疑問の声

    女性自身

    02月26日 14:39

  8. 8

    養老孟司が語る「コロナの壁」とは? パンデミックで暴かれた“日本的空気”の問題点 - 伊藤 秀倫

    文春オンライン

    02月26日 19:50

  9. 9

    ほぼ全員がムダと思っている「朝礼」を、日本企業がやり続ける本当の理由

    PRESIDENT Online

    02月26日 13:35

  10. 10

    もう一度考えてみる オリンピックって何だろう?

    ヒロ

    02月26日 10:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。