記事

赤木屋証券の廃業

赤木屋証券の廃業をネットのニュースで知った。検索すると各社が報じている。たかが中小証券会社に、何故そんな話題性があるのか。多分、東京は日本橋の一等地に店を構えているからだ。

中央通りと永代通りの交差点の角にある小さな、しかし目立つビルだ。昔の東急百貨店、今のコレドの向かいである。創業は1922年、廃業は今年つまり2012年12月25日予定とか。90周年を期に廃業するわけだ。

よく赤木屋証券の前を通る。今年に入って、「証券」の看板が目につかなくなった(ようく探したわけではないが)。その代わりに1階にある「赤木屋珈琲」の看板が大きくなったように感じた。それで、廃業したのかなと思っていた。日経新聞によると、今年9月に実質的に業務を止めたとのこと。赤木屋珈琲は続けるとも書いてあるし、不動産賃貸を本業にするとも。

小さな証券会社は、取引所内(場立ち)の情報を売り物に商売をしてきた。昔、取引所では人手を介して株式売買注文をこなしてきた。だから、場内ではあることないこと、いろんな情報が流れ、また売買の活況度も手に取るように分かったはずだ。その情報に基づいて売買すれば儲かる確率が高かった。つまり、場内に入れる権利に値打ちがあったし、中小の証券会社はその情報で自己売買を行ってきた。法人や個人の重要顧客にもその情報を伝達した。

時代は代わり、場立ちがなくなってコンピュータ化された。取引の情報(注文状況を示す板情報)も一部は一般投資家に開放された。中小の証券会社の情報の優位性が乏しくなったのである。手数料も自由化され、個人はネットでの取引に流れてしまった。さらに、株式市場の低迷が続いたことも痛手だったのだろう、中小の廃業を促した。廃業が続けば仲間内同士での情報の交換量と質が低下する。さらに、取引所のコンピュータが高速化し、中小の入り込む隙間がなくなった。インサイダー取引規制も強化され、いわゆる「早耳情報」は、それを使うことはもちろん、伝えることも禁じ手となる。

かつて、東証の周辺には中小の証券会社が多かった。それらが次々に消えている。時代の流れとはいえ、日本の株式市場を暗示しているようでもあり、寂しいかぎりだ。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  8. 8

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  9. 9

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  10. 10

    「週6で働いて手取り15万円」「23時まで残業して月16万円」 低すぎる手取りに疲弊する人々

    キャリコネニュース

    05月18日 16:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。