記事
  • 女性自身

木村花さん死去から8カ月 いまだ止まぬ芸能人へのネット中傷

20年5月に女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が亡くなってから8カ月。花さんの死によってネット中傷は社会問題となったが、いまだ著名人への中傷は止まない。

19年3月に美容整形を受けたと公表しているタレントの有村藍里(30)。だが1月24日、こうツイートした。

《整形崩れてきた? 顔戻った? という言葉をたまに目にします。正直「確かにそうかも…どうしよう」と不安になる時もあります》
《手術して2年以上経っていますが、大体3年から5年かけてダウンタイムが抜けていき、それに加齢現象も加わるそうです。年齢を重ねれば人は変化していくよ》

“もっと美しくなりたい”という気持ちで美容整形を行った有村に対し、心無い言葉をつづる人たち。ネットでは「中傷では?」として、こんな声が上がっている。

《この子は顔で悩んできたのは明白だから、いちいち「崩れた」とか精神的にダメージを与えようとするのはやめてあげてほしい。完璧に美しい人の方が稀でみんなそれ受け入れて生きていくのが普通。いちいち指摘する人の方がどうかと思う》
《生身の人間を中傷する人は、何の権利があってそうしているんだろうなぁ…自分の家族や友人が被害にあったらと思うと、居た堪れない》
《叩くほうは気軽にやってるけど叩かれる女性の気持ちを考えてほしい》

■坂口杏里は「なんにも言われる筋合いありません」

また今月25日、元タレントの坂口杏里(29)はInstagramで中絶したことを明かした。DMを通して中傷が相次いだようで、坂口は《自分と向き合って考えて産みたいけど、無理なもんは無理ってわかったの》《わからない方々になんにも言われる筋合いありません》とつづった。

そんな彼女についても、ネットでは「なぜ中傷するのか」と疑問視する声が上がっている。

《この方はいろんなトラブルを起こしている。でも、だからといってDMで誹謗中傷する人って何なんだろう》
《言いたいことあっても匿名の誹謗中傷でストレス発散はダメよ》
《何も知らない人たちが叩くのは間違ってるよ》

再び目立ち始めたネット中傷。今一度、投稿する文面に注意する必要があるのではないだろうか。

あわせて読みたい

「誹謗中傷」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  2. 2

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  3. 3

    定期券は支給されるのになぜ!?青春18きっぷを偽造して通勤していた国交省職員の怪

    阿曽山大噴火

    03月01日 10:00

  4. 4

    元々の数字が固定ではないから政治家の意図が働く 知事の責任は?

    中村ゆきつぐ

    03月01日 07:44

  5. 5

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  6. 6

    菅首相、山田広報官「厳重注意」は全く“意味なし” ~背景としての「特別職公務員」の問題

    郷原信郎

    03月01日 12:08

  7. 7

    <コロナ時評・医療のシステム難民を救え>保健所半減のツケがもたらすもの

    メディアゴン

    03月01日 08:29

  8. 8

    電気を盗むことは英雄?インドのドキュメンタリー「街角の盗電師」

    たかまつなな

    03月01日 10:26

  9. 9

    10万円給付金問題 ついに政府が現金支給を検討へ 3月中に支給対象世帯を議論する予定

    藤田孝典

    03月01日 16:43

  10. 10

    【読書感想】だからヤクザを辞められない―裏社会メルトダウン―

    fujipon

    03月01日 10:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。