記事

NHK中期経営計画を読んで

NHKの中期経営計画がこのほど発表された。

世の中的にはこの中期経営計画の中で受信料の引下げが位置づけられたことが大きく報道されている。どのような受信料の引下げになるのかはまだわからない。受信料には地上波の受信料と衛星付加受信料があり、地上波の受信料を引き下げるのか、衛星付加受信料を引き下げるのか、はたまた地上波と衛星放送を合わせた新しい総合受信料的なものを創設して、それを引き下げるのか、いろいろ考えられる。

昨年の10月からも受信料は引き下げられている。
月額35円と60円がメインなのだが、今回中期経営計画の中で示された原資をもとに計算すると月額約300円くらいの引下げになってもおかしくない位ではないだろうかと思う。

受信料の引き下げを行っていくためにはどうしても財源が必要になる。今回の計画の中でその原資として浮かび上がってきたのが局数の削減。

現在NHKのテレビ放送は総合、Eテレ、BS1、BSプレミアム、BS4Kがあり、いよいよこの削減が2023年に実行されることになった。具体的には番組がかなり重なっているBSプレミアムとBS4Kとが統合されるのではないだろうかと思う。BSプレミアムはいい番組が多いだけに統合されるのは残念にも思うがBS4Kに移行されるのだと思えばその頃には4Kテレビを買うということかなとも思う。

ラジオも減る。これはR1、R2、FMと3波出しているのが2波になり、R1とR2が統合されることになるだろう。

語学番組をはじめ、NHK第二放送と呼ばれてた時代からのファンである自分としては誠に残念だがこれも時代の趨勢だろう。

こうやって放送波が減ればその分コストも下がるだろうし、それを前提にすれば、これから東京・渋谷に建設されるNHKの新しい放送センターについても今の計画よりもコンパクトなものにできるのではないかという指摘がなされ、それを前提にして経費削減が行われるようになる予定だ。

とはいえ、悪いことばかりではない。
もう既にスタートしているがNHKラジオはすでに「らじる☆らじる」というアプリで聞き逃しも含めて良い音質でスマートフォンで聴くことができるようになったし、「NHK +」というアプリを使えば同時再送信あるいは聞き逃しサービスの活用によってテレビ放送をより自由に楽しむことができるようになっている。

インターネットと放送とが融合していくこれからの時代。放送が空から、あるいはネットで降ってくる時代に、例えば地上波ローカル局はどう生き延びていくのか。

今回のNHK中期経営計画は新しい時代の幕開けを告げているように思う。

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  2. 2

    国内の感染者第一号から1年 一向に有事モードに完全転換しきれない政府

    塩崎恭久

    03月04日 18:03

  3. 3

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  4. 4

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  5. 5

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  6. 6

    「私自身が判断したい」という総理発言は何故素直に受け入れられないのか

    近藤駿介

    03月04日 13:30

  7. 7

    中国が特許件数2年連続で首位 いまや技術の「質」も苦しい立場の日本

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    03月04日 08:36

  8. 8

    石原さとみへの激怒報道を一蹴!綾野剛が現場で見せた男気

    女性自身

    03月04日 16:19

  9. 9

    香港を経済自由度指数から除外、「中国政府の管理下」と米財団

    ロイター

    03月04日 21:26

  10. 10

    毒蝮三太夫84歳「ワクチン打つ」それがコロナ時代を生きる俺の『飲む打つ買う』だ

    毒蝮三太夫

    03月04日 08:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。