記事

欧州債務危機が地方自治体に及ぼす影響その4(スコットランドその1)

 スコットランドはイギリスの中でも特別な地域とも言うべき存在である。主にケルト系の住民が生活し、アングロサクソンが主流を占めるイングランドとは何度も戦いを繰り広げてきた。一七〇七年に力ずくで併合されたという歴史的背景から、独立や地域内の自治権の拡充を要求する民族主義政党が相次いで誕生していた。

 一九七〇年代には、「スコットランドのことはスコットランド人が決める」ためにスコットランド議会の創設が大きな争点となり、一九七九年に実施された住民投票では、投票者の過半数が賛成したものの、全有権者の四割の支持が必要とされていたにも関わらず、投票率が低かったこともあって全有権者の三三%の賛成に留まり、議会の創設は実現しなかった。その後、政権の座についた保守党のサッチャー首相は議会の創設がイギリスの分裂を招くとして反対したこともあって、スコットランド議会創設の動きは停滞していた。

 一方、ブレア氏が率いる労働党は地方分権を積極的に公約に掲げ、一九九七年の総選挙を大勝し、政権を奪取した。同年九月に実施された住民投票では議会の創設に関して七四%の支持を得た。翌年、スコットランド法が制定され、スコットランド議会は1999年に誕生し、執行機関としてスコットランド自治政府が置かれた。スコットランド議会及び自治政府の枠組みと役割については以下のようになっている[i]。

・国権の一部を委任したスコットランド議会を創設する。ただし、主権そのものはイギリス議会が保持する。

・スコットランド議会は一院制とし、総数一二九名の議員で構成する。そのうち七三名は小選挙区で、残りの五六名は比例区で選出する。

・国はEUとの関係を含む外交、防衛、経済政策、社会保障、輸送の安全確保、雇用などに関する行政権を保持し、スコットランド議会は国から移管される健康、教育、地方自治、住宅、開発、観光事業、輸送、警察と刑務所、環境、農林漁業、食物の安全基準、スポーツ、芸術、公文書に関する立法及びその行政責任を負う。

・女王は、スコットランド議会の議長の助言に基づき、第一大臣(First Minister)と呼ばれる首相を任命する。首相は閣僚を任命し、スコットランド自治政府と呼ばれる内閣を組織する。

・中央省庁であるスコットランド省の責任は、スコットランド議会に移管される。

・スコットランド議会は、国税である所得税の税率を最大3%増減できる権限が与えられている[ii]。付加価値税、法人税、国民保険などに関する権限は国に残る。

[i] 田村秀『道州制・連邦制』(ぎょうせい、二〇〇四年)、一八〇-一八一頁。

[ii] 同時期に設立されたウェールズ議会に比べると、自治権の範囲が広くなっている。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。