記事

ビジネスSNSに期待される6つの役割――日本で普及する可能性はあるか?

1/2

「ビジネスSNS」と聞くと、読者の皆さんは何を思い浮かべますか?

海外では、キャリアアップや人脈形成を目的に定着している感があります。代表格の「LinkedIn」には、1億7500万人ものビジネスプロフェッショナルが集まっているとか。特に米国の多くの大企業では採用に活用するなど、存在感が高まっています。

では、日本ではどうでしょうか? LinkedInは2011年10月に日本語対応し、登録者数は増えているものの、日本企業で活発に活用されているという声はあまり聞こえてきません。「本命のビジネスSNSは?」と聞かれると答えに窮する感じがします。

ビジネスSNSという言葉が現れて数年が経つ中、サイボウズ式では、改めて「仕事で使えるソーシャルネットワーク」について考えてみることにしました。今回は、企業内でのソーシャルウェアについて研究・開発を進めてきたサイボウズの丹野瑞紀に話を聞きます。

画像を見る

無料コラボレーションツール「サイボウズLive」の責任者(プロダクトマネージャー) 丹野瑞紀。日本発のコラボレーションツールが広く世の中に受け入れられるよう奮闘中

”勝手R&D”で社内SNSを研究・開発し続けてきた男

まず、丹野さんと「仕事で使えるソーシャルネットワーク」のこれまでのかかわりについて教えてください。

画像を見る

その後、サイボウズに?

画像を見る

日本でビジネスSNSがブレークしない最大の理由

そんな丹野さんに聞いてみたいのが、「仕事で使えるソーシャルネットワーク」についてです。海外ではビジネスSNSが浸透しているイメージですが、国内はどうでしょうか?

画像を見る

リンク先を見る

おじさんSNSですか(笑)。ビジネスに特化したソーシャルネットワークって、国内では受け入れられにくいんでしょうか。

画像を見る

そうすると、やはり日本でビジネスSNSは成功しないんでしょうか。

画像を見る

ビジネスSNSに期待される6つの役割

画像を見る

ビジネスSNSについて語る丹野

では、どうやって継続的な利用の必然性を持たせればいいのでしょう。

画像を見る

ビジネスパーソンにとって、何が「使う必然性」になるでしょうか?

画像を見る

  1. 採用・転職の支援
  2. プロフェッショナル同士のディスカッションやQ&A
  3. ネットワーキング(新しいビジネスパートナーの発見)
  4. 情報収集・スキルアップの支援
  5. 名刺の代替
  6. メールの代替(ビジネス上の連絡・コラボレーション)

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  5. 5

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  9. 9

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  10. 10

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。