記事
  • ロイター

中国動画投稿アプリ快手がIPOの仮条件設定、最大54.2億ドル調達


[香港 25日 ロイター] - 中国の動画投稿アプリ大手、快手科技が香港での新規株式公開(IPO)の公開価格の仮条件を105─115香港ドルに設定したことがロイターが確認したタームシートで明らかになった。調達額は最大54億2000万ドルとなる。

香港市場では過去1年余りで最大規模のIPOとなる。3億6520万株を公開する計画で、仮条件下限での調達額は49億5000万ドル。同社にはインターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が出資している。

快手はコメントの要請に応じていない。

IPOではグリーンシューオプションを行使して上場後30日以内に追加で5478万株を売却することが可能。実際に行使すれば調達額は57億─62億ドルに拡大する。

タームシートによると、グリーンシュー行使前の企業価値の評価額は556億─600億ドル。行使されれば時価総額は563億─617億ドルになる。

キャピタル・グループを筆頭に中核的(コーナーストーン)投資家10社が24億5000万ドル相当の株を取得する。

快手の調達額が62億ドルに達すれば、ここ数年のIPOで最大規模だった2019年9月のバドワイザー・ブリューイング・カンパニーの57億5000万ドルを抜く。

それ以前は、通信基地局の中国鉄塔(チャイナタワー)が18年8月に74億ドルを調達している。

快手がレンジ上限で資金を調達すれば、世界のデジタル企業としては、米配車サービスのウーバー・テクノロジーズによる19年5月の81億ドル以来の大きさとなる。

快手の公開価格は29日に決定する予定で、香港市場での取引は2月5日に開始する。

エキタスの調査部門トップ、スミート・シン氏は「同社は2019年に販管費を増大させて以降、赤字が続いているが、こうした支出は今後数年間で元に戻り、状況次第では黒字化するだろう」と指摘。「国内および世界の競合他社の状況からみて、快手のIPO価格からの上昇余地は相当あると考える」と述べた。

*内容を追加し、カテゴリーを一部変更しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  2. 2

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  3. 3

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  4. 4

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  5. 5

    コロナを克服した世界はいずれ教訓を忘れてしまうのか

    ヒロ

    02月28日 10:57

  6. 6

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  7. 7

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  8. 8

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  9. 9

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  10. 10

    上野千鶴子「忖度も根回しもしてきた」組織で活躍する女性と孤立する女性の決定的な違い

    PRESIDENT Online

    02月28日 11:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。