記事

コロナ伝説の一つ、若者から高齢者へ感染拡大は本当か。

新型コロナについては、都市伝説レベルのことが大手を振って世の中をおかしくしている。

その一つが、若者の感染がやがて高齢者へ波及していく、というもの。

日本では(おそらく海外でも)20代の陽性者が多いのは事実で、階段状に年代を経るごとに陽性者は減少していく。その理由は、一般的には20代の行動が活発だから、と想像されているが、少し疑問だ。年代毎にあまりにきれいに階段上に分かれているし、20代と30代、あるいは20代と10代でそんなにも社会活動に差があるのだろうか?

B型肝炎などから類推すると、20代で完成する免疫反応システムの差異なども影響していそうだが、特に証拠はないのでこれも想像のうち。


想像といえば、政府(尾身氏もそう)が言う、20代が感染の中心となって他の世代に移していくというのは本当だろうか?

普通に考えると、若い世代が付き合うのは若い世代。外食でも20代は20代同士、60代は60代同士で食べに行くことが圧倒的に多いだろう。

そして、世の中は核家族と単身世帯ばかりで、若老同居などほとんどない。20代なら単身か20代同士のカップルで暮らし、30代なら幼年期~少年期の子どもとの同居が圧倒的な多数だろう。そうであるならば、仮に家の外でコロナを拾ってきたとして、家庭内で感染させるのもその組み合わせでは?

ということでいつものごとく調べてみた。調べたのは、陽性者とその濃厚接触者の年代を公表している一部の自治体。まずは栃木県。

そして下記のグラフを作成した(注・クラスターは含んでいない)。


やはり想像どおり。

若い年代からは若い年代にうつすことが多く、あっても20代なら50代、30代なら60代と、親の世代くらいまで。20代が70代以上に感染させる例はあまりみられない。

20代30代が若い世代にうつしているのはやはり親子だからなのだろう。

こうしたデータ分析をしてみると、今の緊急事態宣言のやり方が妥当なのかも疑問になる。一律に飲食店を閉めさせるのではなく、重症化リスクの高い世代に自粛を求める、あるいは高齢者と同居している若年世代に自粛を求めるなどのきめ細かいやり方を探っていっても良いのではないだろうか。

そして、緊急事態よりも何よりも重症者・死者を増やす高齢者施設・病院でのクラスター対策(ここにこそ頻回・ルーティンのPCR検査や抗原検査導入を!)を徹底させることが何より大事だ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「尖閣の主権は日本」直後に訂正、米報道官の発言、計算づくか

    WEDGE Infinity

    03月03日 12:50

  2. 2

    「この売女!」福原愛を離婚決意に追い込んだ「モラハラ夫」 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:10

  3. 3

    緊急事態宣言 延長の方向で検討する政府の判断に「残念」

    青山まさゆき

    03月03日 21:21

  4. 4

    マクドナルド“過去最高売上”の理由は「ドライブスルー」と「あの人との訣別」

    文春オンライン

    03月03日 10:53

  5. 5

    足元がフラつく総理に、改革のリーダーシップは残っているか。風雲急を告げる予算委員会で、菅総理と初対決

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月03日 20:41

  6. 6

    東大就活生の悩みにひろゆき氏「入り方がレールというのは全然問題ない」

    ABEMA TIMES

    03月03日 14:21

  7. 7

    日本eスポーツ連合(JeSU)は結局、何を間違ったのか

    木曽崇

    03月03日 10:45

  8. 8

    一人10万円超も NTTが山田前広報官と谷脇総務審議官に高額接待 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:16

  9. 9

    もう霞ヶ関の省庁の内部調査や役人の国会答弁は国民の誰も信用しない - 3月3日のツイート

    橋下徹

    03月03日 22:43

  10. 10

    10万円給付金問題 新年度予算に給付金が入っていなくて落ち込んだ方たちへ

    藤田孝典

    03月03日 18:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。