記事
  • SmartFLASH

新型コロナ「後遺症」から回復した人たち「脱毛改善に8カ月かかりました」

抜け毛を訴えていた37歳の女性。美容師という仕事柄、強いショックを受けたという

 政府による「緊急事態宣言」が11都府県に発令されるなど、収まる様子がない新型コロナウイルスの感染拡大。本誌『FLASH』では2020年9月、ウイルスに感染した人たちに、後遺症の恐ろしさについて語ってもらった。あれから約4カ月、症状は改善されたのだろうか? 後遺症の「その後」を聞いた。

 1人めは、2020年5月上旬に感染が発覚した37歳の美容師の女性。筋肉の衰えによる疲れのほか、12月には、「感染後、髪の毛が抜けるようになった」という症状を訴えていたが……。

「髪の毛が抜けるという後遺症は、改善しました。抜け毛がショックであまり鏡を見ないようにしていました。それが最近、鏡を見たら、抜け落ちていた部分が生えてきていました。でも、まだ3時間を超える買い物を伴う外出は、とても疲れます。具体的にはとにかく息が切れるような気がします。目の前が真っ暗になり、あわててタクシーに乗ったこともあります。

 退院後も病院には通って血液検査などを受けており、年が明けてから、病院から連絡が来ることになっていたんです。それが1月に入ってもいつまで待っても来なくて、自分から連絡したら“それどころじゃない”というような対応でした。今後も感染者が増えると、後遺症患者のケアができなくなるというステージに入ると思います。これはとても怖いことだと思います」

 2人めは2020年8月上旬に感染が発覚した、28歳の会社員男性。会社の上司から「一度失業保険をもらって、ゆっくり静養しては」と遠回しに退職を勧められ、仕事を辞めて治療に専念。後遺症で肝臓の数値が悪化したという。

「いまでも駅の階段をのぼると息が切れますが、たばこが吸えるくらいには回復しました。しかしお酒は、体が受け付けない気がします。少し飲んだだけで『もういらないや』と思ってしまいます。

 会社を辞めて時間だけはあるので、新型コロナ関連でもらえる補助金や助成金を片っ端から申請しました。経済的にはまだしばらくは大丈夫そうです。でも昼からプラプラとしているので、そういった意味で世間の目が気になりますが……」

 3人めは2020年7月下旬に症状を訴え、新型コロナ感染が明らかになった29歳の女性。当時は妊娠4カ月だったが、無事に出産した。

「子供に影響がないか心配でしたが、とても元気な子供が生まれて安心しています。ただ、授乳に関しては、怖くてまったくしていません。ずっと粉ミルクをあげています。

 子供が生まれてからは、今まで以上に外に出ないようにしています。買い物のほとんどはネット通販。とはいえ、出産や育児についての手続きなどで、どうしても役所へ行かざるを得ないのが、とても苦痛です」

 4人めは、36歳のIT企業勤務の男性。2020年4月中旬に感染が発覚し、6日間、入院したが、その後「ポテトチップスと白米の味の違いがわからない」ほどの味覚障害に悩まされた。

「嗅覚や味覚はよくなり、食事もおいしくできるようになりました。ただ、ときおり頭痛がするようになりました。心配になり、ネットでいろいろと調べましたが、後遺症として報告されているものは見つかりませんでした。

 もともと私の妻は健康志向が強く、退院してからというもの、サプリメントや栄養ドリンクをいっぱい飲まされたり、オーガニックの食品を摂らされたりしていました。そのせいか、体調はコロナ前よりもよくなっていると実感しています。私にはまだ抗体があるとは思いますが、2回、感染したという話も聞くので、満員電車などは避けるようにしています」

 後遺症は徐々に薄れてきているようだが、完全に調子を取り戻した、という声はない。ウイルスの変異種が発見されている今、さらなる注意が必要だろう。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  2. 2

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  3. 3

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  4. 4

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  5. 5

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  6. 6

    東浩紀「“自由”の制限でウイルス消えず…長期的ヴィジョンなき罰則強化は現実逃避」

    文春オンライン

    02月24日 07:27

  7. 7

    ビートたけしが若者に「スマホを手放す勇気を持て」と語る理由

    NEWSポストセブン

    02月24日 17:00

  8. 8

    私がwithコロナではやっぱり飲食業界が厳しいと思う理由

    宇佐美典也

    02月24日 12:00

  9. 9

    2032年夏の大会の優先候補地はブリスベンに IOC

    ABEMA TIMES

    02月25日 08:28

  10. 10

    ZEROは0でない それをwithと言うと思いますが 立憲民主党はやはりPCR利益誘導?

    中村ゆきつぐ

    02月24日 06:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。