記事

あのインテルも苦境…半導体業界の激変が日本にとってチャンスである理由

1/2

DXの波に台頭した台湾のファウンドリー

コロナショックの発生によって、世界経済の環境変化のスピードが加速している。米携帯電話大手ベライゾン・コミュニケーションズのトップのハンス・ベストベリ氏が「コロナショックによって世界経済のDX(デジタル・トランスフォーメーション)は5~7年前倒しされた」と指摘するほど、そのインパクトは大きい。

プリント基板
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/archy13

そうした状況下、世界の半導体業界では台湾のファウンドリー(半導体受託生産会社)であるTSMC(台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング)の影響力が一段と高まっている。世界のIT、自動車など多くの企業が、世界最大手のTSMCの生産ラインを取り合い半導体の需給逼迫(ひっぱく)は鮮明だ。

世界の半導体業界が重大な構造変化に直面する中、わが国の企業は微細かつ高純度の半導体関連部材や、IT機器から社会インフラまで幅広く使われるパワー半導体(電力の供給とコントロールを司る電子部品)の分野で強みを発揮している。最先端(回路線幅5ナノメートル)の半導体生産に不可欠なEUV(極端紫外線)フォトレジスト(感光材)やその原料の分野で世界的なシェアを持つ本邦企業は多い。

今後、IT関連の投資は世界各国で増加し、半導体需要も増勢を維持するだろう。動線を前提としない経済活動を支える大手ITプラットフォーマー不在のわが国にとって、半導体関連の部材、製造装置(精密機械)、およびパワー半導体関連企業の競争力は、中長期的な経済の安定に無視できない影響を与えるだろう。それに加えて、高い製造技術と新しい発想の結合を目指す企業が増えることが、中長期的なわが国経済の展開に無視できない影響を与えるはずだ。

生産委託が加速する半導体業界

スマートフォンの創造やSNSをはじめとするプラットフォーマーの出現と成長は、米国をはじめ各国の経済成長に無視できない影響を与えた。IT先端技術の活用はデータの重要性を高め、DRAMなどのメモリや中央演算装置(CPU)への需要が高まった。世界の半導体業界では、いち早く、より多くの需要を取り込もうと競争が激化した。その中で変化にいち早く対応し、影響力を発揮しているのがファウンドリー最大手のTSMCだ。

端的に言えば、アップルのiPhoneのヒットのインパクトは大きかった。アップルは、生産工場を持たない“ファブレス”のビジネスモデルを確立し、ソフトウエアなどの設計と開発に注力し、生産を台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下のフォックスコンに委託した。それによって、アップルは設備投資の負担を軽減し、より短期間での新しい製品やサービスの創出を目指した。

その結果、半導体業界ではファウンドリー企業の重要性が一段と高まった。特に、TSMCは最先端から旧式の半導体までを総合的に生産する体制を確立した。それが、米半導体のAMD、NVIDIA、さらにはアップルなどからの生産委託を獲得し、半導体業界における設計・開発と生産の分離が加速した。

かつて世界を席巻したインテルも…

他方、1990年代から2000年代初めにかけて米マイクロソフトのシステムを支えるCPU(中央演算装置)メーカーとして世界を席巻した米インテルは変化への対応が遅れた。同社は設計・開発・生産までを自社で手掛ける“垂直統合”のビジネスモデルにこだわった。その分、インテルがTSMCと同程度のスピードでチップの回路線幅を細くする“微細化”への取り組みを進めることは難しかった。

2020年7月、インテルのボブ・スワンCEOは外部への生産委託を検討していると述べた。それを見た世界の投資家は、かつて隆盛を誇ったインテルが、垂直統合の体制が環境変化にうまく対応できていないとの見方を強めた。

米サンタクララにあるインテル本社
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/maybefalse

両社の株価推移を確認すると、2012年半ば以降、TSMCの株価上昇が鮮明だ。投資家は、世界の半導体産業の主導権がインテルから台湾のTSMCにシフトし始めたと考えている。ある意味では、世界の半導体業界における生殺与奪の権が、インテルからTSMCに移りつつあるように見える。

世界に負けない日本企業の「強み」

わが国にはTSMCのようなファウンドリー企業も、NVIDIAのような半導体企業も見当たらない。また苦戦しているとはいえ、インテルも挽回を目指している。

その一方で、わが国には、半導体関連の部材や製造装置などの分野で競争力を発揮している企業が多い。半導体関連の部材分野において、わが国企業は高純度のフッ化水素、フォトレジスト、シリコン、セラミックなどで世界的なシェアを持つ。わが国企業は原材料の段階から微細かつ高純度の製造技術の向上を追求することによって、海外の企業が模倣できない半導体関連部材を生み出した。大企業だけでなく、中堅企業も微細な素材分野での比較優位性を発揮している。

半導体の製造装置や工場の自動化に必要な工作機械分野でも、わが国は精緻なすり合わせの技術を磨くことで競争力を維持している。逆に言えば、各種部材や部品を組み合わせて生産されたメモリ半導体などは、分解することによって競合企業に模倣されやすい。

あわせて読みたい

「半導体」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ドキュメント3・11 イギリス大使館はなぜ「真実」を見抜けたか

    新潮社フォーサイト

    03月08日 08:12

  2. 2

    【燃やされ消される「原発事故対応」】福島市「保存期限過ぎたので廃棄」 山形県に避難した市民説明会の記録 「保存場所無い」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    03月08日 09:15

  3. 3

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  4. 4

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  5. 5

    韓国、米軍駐留費の負担増で合意=米国務省

    ロイター

    03月08日 09:05

  6. 6

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

  7. 7

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  8. 8

    「無料です」夜のお弁当屋さん 1日1食で命をつなぐ人々

    田中龍作

    03月07日 17:46

  9. 9

    「奇跡が起きる」と話題!ClubhouseはYouTubeをどう変えるのか!?

    放送作家の徹夜は2日まで

    03月08日 10:35

  10. 10

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。