記事

“リセット有権者”が問われるもの

いよいよ仁義なき戦いである。本日、滋賀県の嘉田由紀子知事(62)が新党「日本未来の党」を結成し、原発を段階的に削減する「卒原発」など「六つ」の主要政策をぶち上げ、新たな「第三極」を結集することになった。

「脱原発」の次は「卒原発」で、いずれにしても、原発反対の勢力を糾合しようとする各政党の思惑と意図が交錯した一日だった。そこに合わせたかのように本日、九州電力が原発の稼働停止で火力発電用燃料費が増大したため「業績が悪化」したとして、値上げ申請をおこなった。

実に10%近い値上げである。生産コストを直撃される中小の製造業は大打撃だ。これに東北電力や四国電力がつづき、今週、相次いで電力料金の値上げが発表されるのだそうだ。いよいよ「原発ゼロ」の負担増を国民に見せつけてくるわけである。

「原発」が選挙の大きな争点に浮上している中、各政党と電力事業者の凄まじい闘いが始まったことになる。電力値上げによって、日本の産業の空洞化が加速することへの懸念を印象づけようとする電力側と、とにかく脱原発で票を集めようとする政党の熾烈な戦いにほかならない。

私は、福島原発事故の真実を追ったノンフィクション『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP研究所)を上梓したばかりなので、この鍔(つば)迫(ぜ)り合いを興味深く見ている。

ニュースを見ながら、私は、この選挙で問われているのは「何か」ということを考えた。前々回の2005年の総選挙では、自民党に296もの議席を与えて“小泉チルドレン”を大量に生み出し、前回の2009年の総選挙では、民主党に308という空前の議席を与えて“小沢ガールズ”が大量に誕生した。

いずれも、われわれ国民の選択によるものである。そして、今回の総選挙では、早くも民主党が「100議席を割り込む」惨敗を喫すると予想されている。

いわゆる小選挙区制の“振り子現象”だが、これらは、有権者が単に前政権への“負の評価”をくり返していることを意味している。私は、今回の選挙で問われているのは、日本国民の「見識」ではないか、と思う。

そこには、「アメ=与えられるもの」が足らないから切って捨てる、あるいは、「期待したものが来ない」、さらには「飽きた」から、引きずりおろすという実に身勝手な投票行動しか見えてこないのである。

それは、ゲームで言う「リセット」である。世界の指導者たちから「日本の首相はころころ変わるから、名前を覚えても仕方がない」と言われるほど、国家の領袖の首を短期間で変えてしまうのが今の日本人だ。

その底流にあるのは、「自分が何かをおこなう」のではなく、国や自治体に「何かをやってもらう」という他人任せの“甘えの構造”ではないだろうか。

平成が始まるまで、日本を牽引(けんいん)したのは、戦争世代と言われる「大正生まれ」の人々だった。同世代の7人に1人が戦死した彼ら大正世代は、戦後の復興どころか、世界から“20世紀の奇跡”とまで称賛された「高度経済成長」を成し遂げた。

エコノミック・アニマルと揶揄(やゆ)されようと、ひたすら前進をつづけ、休むことなく「他人のために生きた」のが、彼ら大正世代である。

彼らは、働けばその先に幸せがあると信じ、黙々と「家族」と「郷土」、そして「国」のために働きつづけた。彼らの選択肢に、今のような「何を与えてくれるか」というものは少なかったように思う。それは、彼らが明治生まれの両親から「恥を知りなさい」という教えを受けていたからかもしれない。

しかし、そのために自民党独裁政治の硬直化を生んだことも事実である。だが、少なくともゲームをリセットするかのような常軌を逸した極端な“振り子現象”とは無縁だった。すなわち「リセット有権者」の数は極めて少なかったのである。

今、日本人は岐路に立っている。それは、本来の「恥を知る日本人」に戻ることができるかどうかの岐路ではないかと、私は思う。決して「他人任せ」ではなく、進むべき道を自ら切り開いた大正世代のような「かつての日本人」に戻れるかどうかの岐路である。

私は、公示前に合従連衡をくり返す政党の姿と、「何を与えてくれるか」という“アメ”の発想しかない国民の姿を見ながら、今回の選挙が「本来の日本人」を取り戻す“第一歩”になって欲しいと祈らずにはいられなかった。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  4. 4

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  5. 5

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  8. 8

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  9. 9

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  10. 10

    野村、米顧客取引関連で今期650億円の損失計上 ポジション処理完了

    ロイター

    05月18日 18:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。