記事

長瀬智也&西田敏行“親子”で介護を明るく描く『俺の家の話』制作陣の思い

●「介護は立ち向かうべきテーマ」磯山Pの経験も反映

TOKIOの長瀬智也と脚本家・宮藤官九郎氏が、TBS系金曜ドラマ『俺の家の話』(1月22日スタート、毎週金曜22:00~)で11年ぶりに同局の連続ドラマでタッグを組む。本作は介護をテーマにしたホームドラマ。長瀬の父役は、ほかの作品でも親子役で共演経験のある西田敏行が演じ、2人の掛け合いが大きな見どころとなる。宮藤氏と磯山晶プロデューサーに、介護をテーマにした思いや西田の起用について話を聞いた。

長瀬、宮藤氏、磯山氏は、これまで『池袋ウエストゲートパーク』(2000)、『タイガー&ドラゴン』(2005)、『うぬぼれ刑事』(2010)でタッグを組み、個性的なキャラクターを作り上げてきた。

11年ぶりの強力タッグで描くのは、濃すぎる家族が織りなす、まったく新しい形のホームドラマ。ブリザード寿というリングネームで活躍する、ピークを過ぎたプロレスラー・観山寿一(長瀬)が、能楽の人間国宝である父の介護のために現役を引退し、名家の長男として謎の女性介護ヘルパーを巻き込みながら、家族と一致団結し、一家をまとめていく。

構想5年、3人で話し合いを重ねた本作。長瀬が子供を持つ親の役を演じたことがないという話になり、親子の物語、そして介護の話に。「親子モノだったら3人ともお父さん役は絶対に西田(敏行)さんじゃないと成立しない!」ということになった。

介護をドラマにするというのは、宮藤氏と磯山氏の間で意見が合致したようだ。宮藤氏は「僕の周りでも親の介護をしている人が増えて来て、そのわりに介護をテーマにしたドラマってすごく少ない。絶対にみんな直面する問題なのに、なんでドラマで扱わないんだろうというところから入った」と説明。

「そして、長瀬くんと磯山さんと今まで作って来たドラマのテイストで介護を扱えたらいいなと。ずっとふさぎ込んでいるばっかりではない介護のドラマ。いろんなことをあきらめたりしながら、しょうがないよねっていうコメディができたら面白いなと思いました」と語る。

磯山氏は「この5年の間に両親2人とも亡くなり、思い残すことがないように親を看取らないとあとで『ああしたほうがよかったのではないか』と思ってしまうなどと、家の話を宮藤さんと話すことが多かった」と明かし、「介護しているとき、この大変さはいつ終わるんだろう? と思ってしまって、でも終わるのって親が死ぬ時なんだと気づく、そういうのがすごいドラマチックだなと。身近な中にある一番ドラマチックな出来事は親の生き死にや余命だった。そういう話を宮藤さんとしていたらすごく盛り上がった」と振り返る。

そして磯山氏は「介護をテーマにしたドラマは見たくないという反応もあると思いますが、辛気臭くやらなければアリかなと」と述べ、「親がボケていくのも面白いと考えるというか。私は介護のときに“劇団親孝行の公演”だと思うことにしていました。そんな風に考えないとやってられないというのもあって、そういうのをドラマチックに描けたら面白いなと。立ち向かうべき価値あるテーマだなと思いました」と、自身の経験もドラマに生かした。

予告映像では、コロナ禍を反映させて出演者がマスクをしているシーンも登場。磯山氏は「最初はコロナのない世界でやろうと思いましたが、実際、人を集めてプロレス会場を撮るシーンなどもあるので、コロナ禍ということでやるしかないと判断しました。しないでいいところはしないでいくつもりですが、しないといけない環境のところではしている。家の中では外し、茶の間のシーンはしていません」と説明した。

●父役は「西田さんしかいない」 等身大の長瀬にも注目

これまで長瀬が演じてきた『池袋ウエストゲートパーク』の真島誠、『タイガー&ドラゴン』の山崎虎児、『うぬぼれ刑事』のうぬぼれより、本作の観山寿一は「プロレスラーだというのはちょっと現実離れしていますが、人間性としては一番地に足がついている」と、磯山氏は言う。

そして、「42歳だからいいなと。人生経験を積んで、いい意味でおじさんなので、普通の人が感情移入しやすい人物像になっているのではないかなと思います。それでもちょっと想像の斜め上の人ですが」と、年齢を重ねて人間味も増しているようだ。

プロレスや能という濃い要素を入れても、長瀬であれば人間ドラマを真っすぐ描けるという。磯山氏は「本当は普通に家業が嫌で飛び出した人が25年ぶりに帰ってきて親の介護をするという話でもいいんですけど、長瀬くんが演じるならもっと振れ幅広くできると思い、能とプロレスというお題が生まれた。コアな部分は、普通の42歳男性の悲哀、家族を大事に思う気持ちであり、ノーマルな人だと思います」と語る。

本作は長瀬のモノローグで進行。そこに等身大の長瀬がにじみ出ているようで、宮藤氏は「心の声を書いているんですが、そういえば今まで長瀬くんが演じてきたキャラクターは思っていることを全部言う人だったなと。思っていることを言わない役は新鮮です。基本的に家の中にいるから、そんなに感情をむき出しにできないだろうと思って、そういう設定にしたんですけど、狙い通りにいけば、今までなんでやらなかったんだろうというくらい等身大の長瀬くんになっている」と手ごたえを感じている。

寿一の父・寿三郎を演じる西田は、『うぬぼれ刑事』では長瀬演じるうぬぼれの父役、『タイガー&ドラゴン』では父子のような関係性の落語家の師匠を演じてきた。宮藤氏は「西田さんは長瀬くんと相性がいいので、介護する人、される人というシーンになったときに、悲壮感がなくできるかなと。お互い軽口をたたきながらそういうシーンを作れると思い、西田さんしかいないと思いました」と起用理由を説明。

磯山氏も「セッション感がすごくて台本の何倍もしゃべってしまうくらいアドリブが続く2人なので、明るい介護でいくならほかに候補がいないと思いましたし、お互いにすごい好き同士なのでいいなと。新しい方と新しい関係性を作るのもいいと思いますが、今回は決定版ということで西田さんにお願いしました」と、迷いなしのオファーとなった。

そのほか、寿三郎の一番弟子にして芸養子でもある寿限無役に桐谷健太、寿一の弟・踊介役に永山絢斗、寿一の妹・舞役に江口のりこと豪華キャストが出演。また、謎の介護ヘルパー・志田さくらを戸田恵梨香が演じる。

磯山氏は戸田の起用について「『流星の絆』で、詐欺をするという設定で、桐谷さんをだます看護師など七変化されていたときに魔性感がすごくて、今回、戸田さんに演じていただかないと成立しないという感じがあったのでご快諾いただいたときはうれしかったです」と明かした。

(C)TBS

あわせて読みたい

「宮藤官九郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ドキュメント3・11 イギリス大使館はなぜ「真実」を見抜けたか

    新潮社フォーサイト

    03月08日 08:12

  2. 2

    【燃やされ消される「原発事故対応」】福島市「保存期限過ぎたので廃棄」 山形県に避難した市民説明会の記録 「保存場所無い」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    03月08日 09:15

  3. 3

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  4. 4

    「奇跡が起きる」と話題!ClubhouseはYouTubeをどう変えるのか!?

    放送作家の徹夜は2日まで

    03月08日 10:35

  5. 5

    何を今更な「大阪IR、役所優位崩れる?」論

    木曽崇

    03月08日 14:21

  6. 6

    いま一度公務員倫理規程を問う

    船田元

    03月08日 13:39

  7. 7

    コロナ禍で進む様々な好調・不調の二極化

    ヒロ

    03月08日 10:34

  8. 8

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  9. 9

    昭和名作のDNAも 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観る前に知っておいてほしいこと

    文春オンライン

    03月08日 10:51

  10. 10

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。