記事

アンドロイド端末が急増しても、年末のオンラインショッピングではiOS端末からが圧倒

 アンドロイド端末スマートフォンの出荷シェアが高まる一方にもかかわらず、スマートフォンサービスの収益性ではiPhoneがまだまだ圧倒的に優位にあるようだ。 

 先週末の感謝祭とブラックフライデー(米年末商戦の最初の日で、最も売上が見込める)における米国のオンラインショッピングサイトへのトラフィックデータをIBMが公表した。そのレポートによると、以下のグラフのように、オンライントラフィックの24%をスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末が占めるようになった。注目すべきはそのモバイルトラフィックの77%をiOS端末が占めていることだ。

リンク先を見る

 ところが最近のcomScore調査によると、スマートフォン加入者比率でアンドロイドが52.5%でiOSが34.3%となっており、アンドロイドが優位にある。さらに最近の出荷台数比率では、アンドロイドがiOSを圧倒している。またタブレット端末でも、独走していたiOS搭載端末の出荷台数比率が50.4%に急落し(Gartner調査)、アンドロイド搭載タブレットが急増しているのだ。

 アンドロイド搭載モバイル端末の出荷台数が急増し、モバイル市場でアップル端末(iOS搭載モバイル)のシェアを侵食しているにもかかわらず、ショッピングサイトへのトラフィックでiOS端末が圧倒的に多いのは、iOS端末とアンドロイド端末に対するユーザーのエンゲージメントギャップがまだかなり大きいということだろう。

 また驚くことに、オンラインショッピングサイトへのモバイルトラフィックのうちiOS端末が占める割合が、1年前が71%だったのに今年は77%に跳ね上がっている。この1年間でアンドロイド端末の集荷台数や加入者数の比率がかなり高まっているはずなのに。先進的なオンライン消費者をすでにアップルが囲い込んでしまっているためか。

リンク先を見る

 また参考までに、Asymcoが提供しているグラフを掲げておく。最初は、過去3年間のショッピングトラフィックの推移である。iPhone、iPad、それにアンドロイドスマートフォン別に示している。これを見る限りでは、モバイルビジネスを仕掛けるには収益性の高いiOS端末向けを優先したくなる。

リンク先を見る

 でも米国でも、ユーザー数(加入者数)となると、アンドロイド端末がより多く増えていきそうである。

リンク先を見る


◇参考
The Android engagement paradox(ASYMCO)
iOS devices dominate mobile device online shopping stats(arstechnica)
Why are Android users less engaged than iOS users?(GIGAOM)

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  3. 3

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  4. 4

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  7. 7

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  8. 8

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。