記事
  • ロイター

IBM、第4四半期売上高は予想下回る ソフト事業が不振


[21日 ロイター] - 米IBMが21日発表した第4・四半期決算は、売上高が市場予想を下回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を背景とする経済的な不透明感から顧客が長期契約を見送り、ソフトウエア事業が減収となったことが響いた。

2021年中に売上高がプラスに転じる見通しとしたが、株価は引け後の時間外取引で6.7%下落した。4四半期連続で減収となったことが嫌気された。

売上高は前年同期比6.5%減の203億7000万ドルで、リフィニティブのまとめたアナリスト予想の206億7000万ドルを下回った。

為替変動や事業売却に絡む影響を除くベースでは、売上高は8%減少した。

一方、クラウドコンピューティング事業の売上高は10%増加し、過去最高の75億ドルとなった。

同事業の好調を追い風に、特別項目を除く1株利益は2.07ドルと市場予想の1.79ドルを上回った。

IBMのアービンド・クリシュナ最高経営責任者(CEO)は「顧客が引き続き新型コロナへの対応を進めていること、またマクロ環境全般の不透明感が強いことが当社の業績に反映されている」と指摘。

「こうした要因が今四半期のソフトウエアの大型取引をさらに圧迫する。一部のサービス契約でプロジェクトに遅れが出る」と述べた。

クラウド&コグニティブ・ソフトウェア事業の売上高は4.5%減の68億ドル。過去2年は増収が続いていた。

ただ、ジェームズ・カバノー最高財務責任者(CFO)はロイターに対し、2021年の売上高が増加するとの自信を示した。企業のクラウドへの移行加速、グローバル・ビジネス・サービス部門の販売回復、ドル安の進行が寄与するという。

同社は分社化の準備を進めている。新生IBMは、自社のデータセンターとリース資産を組みわせてデータの管理・処理を行う「ハイブリッド・クラウド」事業に専念する予定だ。

*内容を追加します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  2. 2

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

  3. 3

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  4. 4

    あの騒動から7年…佐村河内守氏、YouTubeで新曲公開「大変ありがたい」

    マイナビニュース

    04月19日 12:39

  5. 5

    ワクチンに関する政府の発信の不安定さ

    大串博志

    04月19日 08:29

  6. 6

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  7. 7

    ワクチン接種は景気を大きく左右する 接種が遅れる日本は消費回復も鈍いだろう

    野田佳彦

    04月19日 16:19

  8. 8

    外出自粛の要請に従わない世の中 同調圧力で機能してきた日本のコロナ対策は限界

    緒方 林太郎

    04月19日 11:32

  9. 9

    【読書感想】まちづくり幻想 地域再生はなぜこれほど失敗するのか

    fujipon

    04月19日 15:05

  10. 10

    まん延防止で休業している飲食店経営者は、今どこで何をしているのか?

    内藤忍

    04月19日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。