記事

脱原発グループ結集の動きにに対して再び始まった小沢叩き

滋賀県の嘉田由紀子知事が新党を作り、そこに国民の生活が第一、みどりの風、、「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党(脱原発)」が合流する動きが出てきた。

これは大歓迎で、脱原発の勢力が一つのグループで選挙を戦うのは大変に結構なことだ。

しかし、こうして小沢一郎を含むグループが動き出したことで、またぞろ小沢叩きが始まる可能性も高い。

今日のTBSラジオ「荒川強啓のデイキャッチ」では、このニュースの解説のために出てきた山田という時事通信の解説委員が、早速、必死になって揶揄するような発言を繰り返していた(クルマに乗りながら聴いていたので定かではないが、山田は「(脱原発グループの結集は)やめて欲しいんですけどね」と言ったような気がした)。

ところで、この小沢叩きの先触れなのかもしれないが、本日の朝日新聞では、性懲りもなく「総選挙・政治とカネ―どの政党が正せるか」と題する社説を書いている。以下はその全文。

政党交付金の制度ができたとき、腐敗の元凶の企業・団体献金をなくし、清潔な政治を実現するステップだと説明された。

だが20年近くが過ぎた今も、あて先が個人から政党支部に看板がえしただけで、献金が続いていることに変わりはない。

骨抜き、とはこのことだ。

あろうことか、旧来の政治との決別をとなえ、企業・団体献金の禁止を党規約に盛った日本維新の会も、この方針をあっさり撤回してしまった。

橋下徹代表代行は「ちょっと修正をかけた」という。何のことはない。合流した太陽の党にならった、つまり、企業・団体にすがる古い勢力と同じ道をゆくという話ではないか。

政治とカネ。今回の総選挙でも忘れてはならない課題だ。

民主党政権はこの醜聞でつまずき、輝きを失った。

鳩山由紀夫氏は、母親から毎月1500万円もの金を受けとりながら「秘書に任せていて私は知らない」と述べ、その元秘書は政治資金収支報告書にうそを書いたとして有罪になった。「裁判が終われば使い道を明らかにする」という氏の約束もほごにされ、不信を残した。

小沢一郎氏をめぐる政治資金事件も同様である。

本人の無罪は確定したが、元秘書3人は一審で有罪判決をうけた。「収支報告書など見たことがないし、見る必要もない」と法廷で言いきった小沢氏に、国民はあぜんとした。

民主党には、労組からの違法献金で辞職した議員もいた。にもかかわらず、政治の浄化をうたった3年前の政権公約の実現にむけて、党が一生懸命汗をかいた跡は認められない。

自民党も相変わらずだ。今回の公約集にも、「政治資金のより一層の透明性を確保する」との抽象的な一文が、言い訳のように書かれているだけだ。

企業・団体献金の禁止をはじめとして、とるべき手立てははっきりしている。

政治家が資金管理団体や政党支部など多くの「財布」をもつ現状をただし、金の流れを一本化して見えやすくする。

会計責任者の「選任」と「監督」の両方に落ち度がなければ政治家本人の責任は問えない。そう定めている現行法を改め、言いのがれを封じる――。

政党が乱立し、どこも独自の色をみせようと懸命だ。

今こそ政治とカネについて明確な主張と具体的な改革案を示し、自分たちの姿勢をアピールしてはどうか。政党のやる気、そして国民感覚との距離を測るうえで、格好のテーマである。
(※注太字はブログ主)

民主党が輝きを失ったのは、検察による小沢一郎への冤罪捏造をメディアが総動員で煽ったからだと私は考える。結果、小沢一郎は確定的だった総理大臣の座に就くことができなかった。

朝日社説は「元秘書3人は一審で有罪判決をうけた。」と書いているが、先日の小沢の二審判決では、「政治資金収支報告書への虚偽記入についての小沢氏の故意を否定しただけでなく、更に踏み込んだ事実認定を行い、重要な事項について、実行行為者である秘書の石川知裕氏及び池田光智氏について虚偽記入の故意がなかったと認定した」(郷原信郎が斬る~ 陸山会事件の構図自体を否定した控訴審判決とマスコミ・指定弁護士・小沢氏の対応)のである。

にもかかわらず、そういうことは一切触れぬまま、相変わらず「政治とカネ=小沢一郎」というイメージを刷り込んでいる朝日新聞には「あぜん」とする以外にない。

ところで、昨日の日経朝刊には「引退議員に聞く大連立頓挫、国に損失外交修復10年かかる」と題して福田康夫のインタビューが掲載された。この内容が興味深かったので最後にちょっと引用しておく。

――第三極の核になっている日本維新の会の橋下徹代表代行をどう評価していますか。

「いわく言い難しか。万能な政治家はいない。だれか一人に期待するのはやめた方がいい。個人プレーに引きずられてマスコミが右往左往すれば国民が路頭に迷う」

――小沢氏と模索した大連立構想は実現しませんでした。

「小沢氏とは社会保障国民会議を立ち上げるという話はした。すなわち消費税で財源を補填していこうということだ。しかし消費税までは言及していない。連立の話を決めてから政策を議論しようと。その前に党の了承をとってくると言って彼は部屋を出たけど、駄目だった。全部パーです。大連立に反対した人たちは一体何を考えているのか。この3、4年は無駄というか損しちゃったよね、日本は

――今後は政治にどうかかわっていきますか。

これからは他党ではなく、メディアをチェックする。目先の視点ではなくロングタームで考えてほしいね。たくさん政党ができて、自己宣伝を一生懸命している方が得だという感覚を育ててしまった」

異常な状況をつくった政治の責任はもちろん、メディアの責任もある。郵政解散の時は『刺客』に関心がいき、前回の衆院選で民主党はマニフェスト(政権公約)にお金がなければできない政策ばかり羅列したが、できなかった。しっかり検証して分析してほしい」

※(太字はブログ主)


私とは基本的な考え方の異なる福田康夫のインタビューに全面賛同はできないが、しかし傾聴に値する部分も多々ある。

総選挙後の流れは自公民である可能性が高い。そしてきっとメディアはそれをプッシュするだろう。

一方、福田と小沢の大連立は幻に終わった。「徹底的にポピュリズムを排した」という福田と小沢の連立に反対したのは現在の民主党執行部の面々であり、マスメディアであることを銘記しておく必要がある。

とここまで書いたところで今日の小沢一郎の会見映像を「ニコニコ生放送」のタイムシフト視聴で見たのだが、小沢は有利と言われる原発の発電コストについて、廃炉コスト、放射性廃棄物の管理コストがまったく反映されていないことを指摘している。この認識はまったく正しい。

が、それだけに、この石原チンタロー慎太郎・橋下徹の「現有議席で泡沫第三極」とは異なる新たな「脱原発第ニ極」をマスメディアがどう報道するのか。注視する必要がある。

あわせて読みたい

「小沢一郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  5. 5

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  9. 9

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  10. 10

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。