記事
  • ロイター

米ユナイテッド航空、第4四半期は赤字 コスト削減強化へ


[20日 ロイター] - 米ユナイテッド航空が20日発表した第4・四半期決算は4四半期連続の赤字となった。同社は2023年まで年間約20億ドルのコストを削減する方針を示した。

航空各社は、新型コロナウイルスワクチンの普及で年内に旅客需要が回復することに期待を寄せているが、ワクチンの普及ペースがカギを握ると警告している。

ユナイテッド航空は「(今年は)移行の年となり、回復に向けた準備に専念する」と表明。時間外取引の同社株は2%下落した。

第4・四半期の1日当たりキャッシュバーン(現金燃焼)は平均3300万ドル。うち約1000万ドルは解雇手当や債務の返済だった。

同社は3月まで雇用支援金26億ドルを受け取る予定。3月以降は一時帰休を減らすため、希望退職制度などを導入する見通し。

同社は、新型コロナの流行で特に打撃を受けている国際線の運航が米航空大手で最も多い。バイデン大統領は、欧州やブラジルからの入国制限を維持する方針だ。

ユナイテッド航空の第4・四半期決算は、純損益(調整後)が21億ドル(1株当たり7ドル)の赤字。前年同期は6億7600万ドルの黒字だった。リフィニティブのIBESデータによると、1株損益はアナリスト予想の6.60ドルの赤字を下回った。

営業収入は69%減の34億ドルで、予想と一致した。

第1・四半期については、前年同期比65-70%の減収を予想。輸送能力は少なくとも51%減となる見通し。

昨年末時点の流動資産は197億ドル。3月末も同水準になる見込みという。

コスト削減により、2023年の利払い・税・償却前利益(EBITDA)マージンは、2019年の水準を上回る見通し。需要が早期に回復すれば、2023年以前に19年の水準を上回る可能性があるとしている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「尖閣の主権は日本」直後に訂正、米報道官の発言、計算づくか

    WEDGE Infinity

    03月03日 12:50

  2. 2

    緊急事態宣言 延長の方向で検討する政府の判断に「残念」

    青山まさゆき

    03月03日 21:21

  3. 3

    「この売女!」福原愛を離婚決意に追い込んだ「モラハラ夫」 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:10

  4. 4

    マクドナルド“過去最高売上”の理由は「ドライブスルー」と「あの人との訣別」

    文春オンライン

    03月03日 10:53

  5. 5

    足元がフラつく総理に、改革のリーダーシップは残っているか。風雲急を告げる予算委員会で、菅総理と初対決

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月03日 20:41

  6. 6

    東大就活生の悩みにひろゆき氏「入り方がレールというのは全然問題ない」

    ABEMA TIMES

    03月03日 14:21

  7. 7

    もう霞ヶ関の省庁の内部調査や役人の国会答弁は国民の誰も信用しない - 3月3日のツイート

    橋下徹

    03月03日 22:43

  8. 8

    一人10万円超も NTTが山田前広報官と谷脇総務審議官に高額接待 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:16

  9. 9

    橋下徹「与野党の政治家が対立するしかない理由」

    PRESIDENT Online

    03月03日 12:12

  10. 10

    10万円給付金問題 新年度予算に給付金が入っていなくて落ち込んだ方たちへ

    藤田孝典

    03月03日 18:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。