記事
  • ロイター

米P&G、通年売上高見通しを再び上方修正 コロナで日用品堅調


[20日 ロイター] - 米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は20日、新型コロナウイルス感染拡大で清掃関連商品の需要が引き続き堅調なことを受け、2021年度(21年6月まで)の売上高見通しを再び引き上げた。

同時に発表した第2・四半期(10─12月)の売上高は8%増と、前期の9%から伸びが鈍化したがホームケア製品は好調を維持した。

同社によると、米国人による家の掃除と殺菌はコロナ前と比べて30%増え、食器洗浄機と消臭スプレー、家庭用ペーパータオルの使用はそれぞれ15%、20%、15%増えているという。

同期はホームケア製品の為替変動・買収効果などを除いた売上高(オーガニック・セールス)が30%増加。「ダウニー」ブランドの衣料用香りづけビーズなど高額な商品の売れ行きが良かった。

同社の株価は決算発表を受けて一時2.5%高となったが、幹部らが新型コロナウイルスワクチンの普及でこれまでの勢いが鈍る可能性があると指摘したのを受け、上げ幅を全て消した。

ジョン・モラー最高財務責任者(CFO)はコロナの状況が改善すれば各家庭が日用品のストックを減らすことになり、売上高の伸び率は縮小するだろうと述べた。

それでもなお、上期の好調を受けて同社は2021年度の増収率見通しを3─4%から5━6%に引き上げた。

1株当たりコア利益の伸び率見通しも5─8%から8─10%に上方修正し、オーガニック・セールスの伸び率は4─5%から5─6%に引き上げた。

通年の自社株買い枠は100億ドルと、従来の70─90億ドルから拡大した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  2. 2

    国内の感染者第一号から1年 一向に有事モードに完全転換しきれない政府

    塩崎恭久

    03月04日 18:03

  3. 3

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  4. 4

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  5. 5

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  6. 6

    中国が特許件数2年連続で首位 いまや技術の「質」も苦しい立場の日本

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    03月04日 08:36

  7. 7

    「私自身が判断したい」という総理発言は何故素直に受け入れられないのか

    近藤駿介

    03月04日 13:30

  8. 8

    選挙のために「消費税廃止」を訴える野党は、国民を騙しているだけだ

    PRESIDENT Online

    03月04日 14:20

  9. 9

    毒蝮三太夫84歳「ワクチン打つ」それがコロナ時代を生きる俺の『飲む打つ買う』だ

    毒蝮三太夫

    03月04日 08:09

  10. 10

    香港を経済自由度指数から除外、「中国政府の管理下」と米財団

    ロイター

    03月04日 21:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。