記事

悲劇の内定辞退!ソーシャルメディアは防止策となるか?活用事例を考えてみた

画像を見る

10月1日に「内定式」を開催した企業も多いのではないでしょうか。しかし、内定式を終えたからと言って、安心できるものでもありません。内定者が入社前に心変わりをして「内定辞退」をする可能性もあるからです。

先日、以下のような面白採用を行なっている会社がありました。

リンク先を見る

「いきなり採用」http://applica.co.jp/internship/

これは、他社の内定を持っている2013年新卒者が応募すれば、途中の選考処理をスキップして最終面接である代表面接に進めるという採用方式です。

当ブログでも、面白採用についてはとりあげてきましたが、この時期にこんな斬新な手法が登場したことに驚きました。(c,f,バスの中で会社説明会!カラオケで面接!「企業のユニークで面白い採用スタイル」まとめ

ちなみに、リクルート社による「就職白書2012」によれば、実に学生の9割以上が内定辞退を経験しているといいます。また、採用活動の時期が例年より遅れた2013年新卒採用の場合、例年より準備時間がとれなかったことから、業界研究が不十分な学生が増え、内定辞退が増えるのではという予測(http://fresher.jp/column/list/columun004)もあります。

そこで、今回は内定辞退を発生させないために、ソーシャルメディアを使って内定者同士、あるいは内定者と社員がコミュニケーションを取れる場を作る方法について紹介します。

コミュニケーションの場を用意することで、内定者の不安、迷いを軽減させることができますし、先輩社員がアドバイスをすることで、納得した上での入社ができるのではないでしょうか。

コミュニケーションの場を用意する方法

コミュニケーションの場を用意する方法としてはいくつかあります。主な方法には以下のようなものがあります。

・Facebookのグループ機能を使う
・Google+のサークル機能を使う
・LinkedInのグループ機能を使う
・有料のサービスを使う

それぞれの方法について簡単に紹介したいと思います。

Facebookのグループ機能を使う

内定者がFacebookを利用しているようであれば、Facebookのグループ機能がおすすめです。

Facebookのグループは、Facebookから「グループを作成」で新規に作ることができます。この時、グループのプライバシー設定を「秘密」にします。秘密のグループであれば、参加メンバー、投稿内容ともに、グループのメンバー以外には閲覧できなくなります。

画像を見る

秘密のグループにメンバーを追加するときには、グループの作成者と追加するメンバーが「友達関係」になっている必要があるので、あらかじめ友達申請をしておきます(グループメンバーが友達を招待することもできます)。

Facebookのグループ機能を利用するメリットは以下のような点があります。

・通知設定をオンにしておけば、新規の投稿やコメントがあった場合、気付きやすい
・グループメンバー複数人でチャットができる
・だれが投稿を表示したか確認できる
・テキスト、画像、ファイル、質問などを投稿できる
・ノートで情報を共有できる
・グループのメンバーだけの「イベント」を作成できる

特に、投稿を表示した人の名前を確認できるところがポイントです。グループの投稿を表示すらしていない内定者は、会社への興味・関心が低下している可能性がありますので、早めのフォローをしてみてはいかがでしょうか。

Google+のサークル機能を使う

Facebookグループの場合は、「友達」にならないといけないところが入社前からプライベートを拘束するようでいやだ、という場合は、Google+のサークル機能を使ってみてはどうでしょうか。

Google+を利用するには、Googleのアカウントが必要なので、あらかじめ取得してもらい、アカウントを聞いておきます。

Google+の場合、単にサークルに追加しても相手がサークルに入れていない場合は、情報が共有できません。そこで少しややこしいのですが、作成手順は以下となります。

1. 企業アカウントでGoogle+ページを作成する
2. そのGoogle+ページを内定者に「サークル追加」してもらう
3. Google+ページアカウントで、新しいサークルを作成し、「あなたをサークルに追加しているユーザー」から内定者のみをそのサークルに追加する


画像を見る

その後、Google+ページのアカウントから作成したサークルを対象に情報を発信します。これで追加したメンバー全員に情報を届けることができます。

画像を見る

 

Google+の残念なところは、グループとして機能させるのがやや難しいことです。上記の手順の場合では、Google+ページからの情報は全員に届きますし、その投稿に対してコメントなどをつければ全員が見ることができます。

しかし、メンバーからも自由に発信できるようにするには、管理者だけでなくメンバー全員が同じようにサークルを作成し関係者を追加した上で、そこに向けて情報を発信する必要があります。誰かが一人を追加し忘れてしまうと、その人には情報が届かなくなってしまいます。

メリットとしては、Google+には、複数人が参加可能な動画ライブチャット「ハングアウト」が使えることです。この機能を使えば、人事担当者と内定者がオンライン動画チャットを通して、簡単なミーティングのようなものを開催することもできます。

LinkedInのグループ機能

FacebookやGoogle+はプライベート利用がメインなので、業務とは分けたいと考える社員、内定者が多いのであれば、LinkedInを使ってみてはどうでしょうか。ただし、全員がLinkedInに使い慣れていることを確認してから始めたほうがよいと思われます。

LinkedInにもグループ機能があり、簡単に作成できます。ここでも、関係者のみに情報閲覧、投稿を制限するように設定してください。

「加入システム」を「認証参加」にして、「このグループをグループディレクトリに表示する」をオフにします。その他の設定は任意で設定してください。また、最後に「メンバー専用グループを作成」をクリックします。その後、メンバーに追加したい人にメールで招待を送ります。

画像を見る

有料サービスを使う

有料でクローズドネットワークを構築できるサービスには、様々なものがあります。予算が十分にあるならば、有料サービスを利用してもよいでしょう。

例えば、ガイアックスさんが提供する「エアリーフレッシャーズ」は、まさに内定者のクローズドコミュニティを目的にしたサービスで、内定者フォローにフォーカスした機能が充実しています。新入社員となった後の教育などもできるようになっています。内定者が多い企業などは検討してみてはどうでしょうか。

[まとめ] 無料でも十分!自社、メンバーに適した方法を見つけて

今回は内定者辞退を防止を目的に、コミュニケーションする場所の作り方についてまとめてみました。

比較してみた結果、簡単さ、わかりやすさ、コスト面などからFacebookグループがもっとも適しているように感じました。

しかし、内定者によっては、こうしたオンラインサービスに馴染みがない人もいるかもしれません。使いこなせないために、かえって疎外感を感じてしまった・・・という人が現れないよう、使い方のフォローも忘れずにしてください。

もちろん、場所だけ用意しても意味がありません。定期的に話題を振ったり、先輩社員がアドバイスするなど、参加しやすい雰囲気も作りましょう。コミュニケーションを通して、入社前から内定者同士、内定者と社員で絆を育み、相談ができるような関係が作れれば最高です。

ただし、このコミュニティ内で課題を頻繁に出すことはおすすめしません。内定者といっても、まだ社員ではなく学生ですから、拘束・束縛は厳禁です。卒業を前に忙しい時期でもあるでしょうから、残り僅かな学生生活の負担にならない程度の、ゆるやかなコミュニティを作りましょう。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  6. 6

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  7. 7

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  8. 8

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  9. 9

    ビットコインから過去最大の資金が流出、価格頭打ちで=週間データ

    ロイター

    05月18日 08:56

  10. 10

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。