記事

《発売22周年》マリオ生みの親からNGを出されるも…『スマブラ』が世界的傑作になった圧倒的な“凄み”とは - 渡邉 卓也

1/2

『大乱闘スマッシュブラザーズ』(『スマブラ』)はとてつもないバケモノといえるゲームだ。Nintendo Switchで発売されているシリーズ最新作『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は2110万本の売上を記録しており、まさしく全世界で愛されるゲームとなっている。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)


各メーカーを代表するキャラクターが戦い合う/『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(2018年)

四半世紀にも迫ろうとする『スマブラ』の歴史

 本作はさまざまなゲームキャラクターが一堂に会し、ふっ飛ばして相手を倒す対戦アクションゲームである。「マリオ」や「ピカチュウ」といった任天堂に関連したキャラクターを操作できるだけでなく、「パックマン」に「ロックマン」といったゲーム業界の古参と呼べる有名キャラクターも登場。そして『ストリートファイター』シリーズの「リュウ」、『ファイナルファンタジーVII』の「クラウド」なども一緒に戦うという、ありえないコラボが実現している驚くべき作品だ。

 シリーズ初代となる『ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ』が発売されたのは1999年1月21日。つまり、いまから22年前だ。その長い歴史を重ねるうちに、『スマブラ』はここまでとてつもない作品になったのである。しかし、『スマブラ』は最初からいまのような“最強のゲーム”だったわけではない。

考えられない規模のコラボレーション

 まず、最新作である『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』がどれほどすごいのかを説明しよう。本作は歴代シリーズに登場するファイター(プレイヤーが実際に操作できるキャラクター)がすべて登場しており、記事執筆時点で78体が存在。ここまで操作キャラクターが多いゲームはほとんどないと言ってもいいだろう。また、対戦を行うステージや、対戦中に流れるBGMの数も過去最多。「史上最大規模」の名にふさわしい一作となっている。

 前述のように、任天堂以外のゲーム会社からファイターとして参戦しているキャラクターも存在する。『メタルギア ソリッド』シリーズの「スネーク」、『悪魔城ドラキュラ』シリーズの「リヒター」、『ペルソナ5』の「ジョーカー」、『ドラゴンクエスト』シリーズの「勇者」など、考えられないレベルのコラボレーションだ。任天堂の『スマブラ』なのに、『ドラクエ』も『FF』も入っているのである。

 最も驚くべき参戦キャラクターは、『マインクラフト』の「スティーブ / アレックス」だ。『マインクラフト』は自由にブロックを設置してものづくりを楽しむゲームであり、「世界一売れたゲーム」としても有名。販売本数は1億7600万本を突破しており、もはや名前を知らない人のほうが少ないかもしれない。

 もちろん、単純にゲーム作品同士がコラボするのであればよそでもありうる。『スマブラ』はただコラボするだけではないのだ。

単なるコラボとは一線を画する“こだわり”

 ファイターとして登場するキャラクターにはそれぞれ技が用意されており、それがきちんと原作を再現したものになっている。たとえば『マインクラフト』のファイターであればブロックを置くことができる。もともと『スマブラ』にそのような要素はないので、ファイター追加と同時に新たなシステムも追加されるわけだ。

 あるいは、『ストリートファイター』シリーズのファイターであれば、波動拳や昇龍拳をコマンド技(特殊な動作で技を出せる格闘ゲーム特有のシステム)で出せるようになる。『ドラクエ』の勇者なら「メラ」や「メガンテ」といった呪文が使えるシステムが追加されるなど、原作をリスペクトしつつ細部まで徹底して再現を行うのだ。

 通常のコラボであれば、単純に作品にキャラクターが顔を出してもとのゲームシステムに合わせた形で活躍する流れになりやすい。しかし『スマブラ』の場合、コラボ作品のゲームシステムを吸収して成長していく。

 ステージのこだわりもかなりのもの。単純に100ステージ以上が用意されているうえ、その種類も豊富。『スマブラ』オリジナルのものもあれば、参戦ファイターに関連したステージもあり、あるいは『ドンキーコング』や『星のカービィ』を意識したレトロなものもあれば、ニンテンドーDSや『Wii Fit』といった大ブームを起こしたゲームをモチーフにしたものも存在。そして、それぞれで発生する仕掛けが異なるこだわりよう。

“ゲームの博物館”とすらいえる圧倒的な情報量

 楽曲は800曲以上も収録されており、これだけでゲームソフトの定価を越える価値を持つだろう。元の曲がそのまま収録されているケースもあるが、『スマブラ』のために新たにアレンジした楽曲も多数収録されており、アレンジ担当の作曲家もゲーム音楽の有名な人物ばかり。

 また、最新作ではファイターとは異なる「スピリッツ」という存在がある。これはファイターの能力を変化させる役割を持っており、シンプルにイラストのみで登場するサポートキャラクターだ。イラストで登場するがゆえに、実に多くの作品のマイナーなキャラクターも出せるようになっている。

 たとえば、ゲーム機のなかで犬を飼えるゲーム『Nintendogs』の「トイ・プードル」なんてキャラクターもいれば、有名なインディーゲーム『Cuphead』のキャラクター「デビル」など、本当にピンからキリまでさまざまなキャラクターが出てくる。記事執筆時点でスピリッツは1400体存在しており、アイテムの「モンスターボール」や「アシストフィギュア」などから出てくるキャラクターも含めれば、『スマブラ』に登場するゲームキャラクターはまさしく膨大な数になる。もはや『スマブラ』は、“ゲームの歴史博物館”とすら呼べるくらいとんでもない作品なのだ。

あわせて読みたい

「大乱闘スマッシュブラザーズ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  2. 2

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  3. 3

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  4. 4

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  5. 5

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  6. 6

    東京五輪を"ボイコット"する日本国民がこうむる「どえらい逸失利益」

    PRESIDENT Online

    03月02日 12:04

  7. 7

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  8. 8

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

  9. 9

    世界コロナ感染者7週ぶり増加、年内の終息「非現実的」=WHO

    ロイター

    03月02日 03:20

  10. 10

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。