記事
  • ロイター

中国の景気回復、小売り出遅れで消費喚起へ政策調整も


[北京 20日 ロイター] - 中国の国内総生産(GDP)が予想を上回る一方で小売売上高が振るわず、政策顧問らは政府が経済政策を調整し消費を促すとの見方を示している。

短期的には雇用支援が鍵を握っているが、消費の拡大には国民の収入を増やす改革が必要としている。中国国務院(内閣に相当)の顧問を務めるYao Jingyuan氏は「収入を増やす方法を協議する必要がある」と語った。

顧問らによると、都市への移住拡大や最低賃金の引き上げ、大都市圏での自動車販売制限などの規制の緩和が政策手段として検討される可能性がある。

中国国家統計局が18日発表した2020年の国内総生産(GDP)は前年比2.3%増加し、主要国で唯一プラス成長を維持した。その一方で小売売上高は3.9%減少し、1968年以来のマイナスを記録した。

アナリストは賃金カットや貯蓄拡大、失業増加、新型コロナウイルスを巡る懸念などが低調な消費の背景にあるとみている。

<雇用が鍵>

中国政策科学研究会のXu Hongcai氏は「まず雇用の安定化から始めるべきだ。雇用を確保して初めて一般の人々の所得を増やすことができる」と指摘した。

最低賃金の引き上げや、農村部から都市部への移住拡大、社会的セーフティーネットの強化も長期的に収入と支出の拡大につながるとの見方を示した。

またYao氏は「北京などの大都市では自動車の販売が制限されている。ロンドンやニューヨーク、東京ではそういった規制はない」と述べ、一部の規制を緩和すべきとの考えを示した。

ロックダウン(都市封鎖)や厳格な移動制限により収入が打撃を受けた。2020年の都市部の可処分所得は1.2%増と前年の5.0%増から減速した。

消費を控え貯蓄を増やす動きが強まり、中国人民銀行(中央銀行)のデータによると、2020年の家計の貯蓄は11兆3000億元(2466億9000万ドル)増加し、前年の9兆7000億元増から伸びが拡大した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  2. 2

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  3. 3

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  4. 4

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  5. 5

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  6. 6

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  7. 7

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  8. 8

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  9. 9

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  10. 10

    トルコで広がる‘ウイグル狩り’――中国の「ワクチンを送らない」圧力とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    03月05日 15:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。