記事
  • ロイター

英CPI、12月は前年比+0.6%に加速 航空運賃などが上昇

[ロンドン 20日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した2020年12月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比プラス0.6%となり、前月のプラス0.3%から加速した。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う移動制限が一時緩和されたことを受けて、航空運賃や船賃が上がったほか、国際原油価格の上昇で燃料価格も値上がりした。

ロイターがまとめたエコノミスト予想はプラス0.5%だった。

英国のインフレ率は2019年半ば以降、イングランド銀行(中央銀行)の目標である2%を下回っており、新型コロナの感染拡大でゼロに近づいていた。

イコールズ・グループのエコノミスト、ジェレミー・トムソンクック氏は「今年はインフレ率が昨年よりもはるかに大きな話題になるだろう」とし「欧州連合(EU)離脱と新型コロナが、企業とサプライチェーンを大きく圧迫する要因になっている」と述べた。

ONSによると、12月は航空運賃や船賃の上昇で、輸送サービス価格が最大の物価押し上げ要因となった。

ガソリン価格は12月に1リットル当たり1.5ペンス上昇。衣料・履物も前年同月とは異なり上昇し、物価押し上げに寄与した。

先週発表されたロイターのエコノミスト調査によると、インフレ率は今年末までに中銀の目標近くに上昇すると予想。キャピタル・エコノミクスなどが上昇率が2.5%に達するとの見方も出ている。

ただ、英経済がパンデミック前より約10%縮小していることから、中銀に早期の利上げ開始を促す圧力は乏しいとみられている。

パンテオン・マクロエコノミクスのエコノミスト、サミュエル・トゥーム氏は、4月に予定されている政府の雇用支援制度終了後は失業率が上昇し、国内インフレ圧力を抑えると予想。英中銀が向こう2年以内の利上げ見通しに言及する必要は生じないと指摘した。

統計局によると、昨年12月の生産者物価産出指数は前年比0.4%低下で、3月以来の小幅な低下にとどまった。コア産出指数は前年比1.2%上昇で2019年9月以来の大幅な上昇を記録した。

*内容を追加して再送します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

  2. 2

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  3. 3

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  4. 4

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  5. 5

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  6. 6

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  7. 7

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  8. 8

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  9. 9

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  10. 10

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。