記事

コロナ禍の夫婦関係 離婚件数減少するも浮気調査増加の矛盾

コロナで仲良くなる夫婦が増加中?(写真はイメージ)

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、11の都府県に緊急事態宣言が発出された。極力外出を避けて生活をせざるを得ないなか、運動不足になる人も多いだろう。

 あるいは、運動はしたいけど、走って外で息が上がるのは、少し怖い。それなら家でずっとこもっていた方が──そう考える人も多いかもしれない。

 しかし、外出はできるだけ控えるべきといっても、運動は例外だ。坂根Mクリニックの坂根みち子院長はこう語る。

「家にばかりいることで、免疫力、体力が落ちてしまう人もいます。ひとりで行うトレーニングにはまったくリスクはないので、どんどんやってください。ただ、飛沫や接触、エアロゾルなどを通じた感染対策を取っていないジムに行ったり、相手と接触するようなスポーツをしたりするのは避けましょう」(坂根さん)

 室内でも畳一畳分のスペースがあれば、腹筋やスクワットといった簡単な筋トレができるが、屋外で体を動かせば、気分転換になるだけでなく、太陽の光を浴びることができる。

 国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんは次のように解説する。

「紫外線はウイルスを不活化させる効果が指摘されており、免疫力を高めるビタミンDを体内で合成もしてくれます」(一石さん)

 巣ごもり生活でたまったストレスも発散できるし、コロナ感染予防効果も期待できる。やはり、運動に害はないということだ。

不倫・離婚は増えている? 減っている?

 緊急事態宣言によって、自宅で過ごす時間が増えたことが夫婦の関係にどう作用したか。

「厚労省が発表した文書によれば、昨年4月以降の離婚件数は大幅に減少しています。明治安田生命が昨年11月に公表したアンケートでも《夫婦仲がよくなった》と回答した人は《仲が悪くなった》と回答した人の約3倍もいたということです」(全国紙記者)

 が、離婚はしないものの、こんな数字も。

「在宅勤務のはずが、外出の多い夫を不審に思うのか、浮気調査の相談件数は例年より多いです」(調査会社関係者)

 夫婦仲が良くなる傾向がある一方で、パートナーを疑う人も増えている。コロナ禍にはそんな矛盾も生じているのだ。

※女性セブン2021年1月28日号

あわせて読みたい

「離婚」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ドキュメント3・11 イギリス大使館はなぜ「真実」を見抜けたか

    新潮社フォーサイト

    03月08日 08:12

  2. 2

    【燃やされ消される「原発事故対応」】福島市「保存期限過ぎたので廃棄」 山形県に避難した市民説明会の記録 「保存場所無い」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    03月08日 09:15

  3. 3

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  4. 4

    「奇跡が起きる」と話題!ClubhouseはYouTubeをどう変えるのか!?

    放送作家の徹夜は2日まで

    03月08日 10:35

  5. 5

    何を今更な「大阪IR、役所優位崩れる?」論

    木曽崇

    03月08日 14:21

  6. 6

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  7. 7

    コロナ禍で進む様々な好調・不調の二極化

    ヒロ

    03月08日 10:34

  8. 8

    いま一度公務員倫理規程を問う

    船田元

    03月08日 13:39

  9. 9

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  10. 10

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。