記事
  • ロイター

ホワイトハウスに犬が復活、バイデン氏のシェパード2頭


[ワシントン 19日 ロイター] - バイデン次期米大統領の就任と共にホワイトハウスで大統領がペットを飼う伝統が4年ぶりに復活する。バイデン氏の飼い犬、ジャーマンシェパードの「メイジャー」と「チャンプ」は間もなくホワイトハウスに引っ越す。

米国の歴代大統領の多くはホワイトハウスで犬や猫を飼っていた。1920年代のカルビン・クーリッジ大統領のようにアライグマと一緒に暮らした大統領もいた。

一方、トランプ大統領にはペットがいない。トランプ氏は、1860年代のアンドリュー・ジョンソン大統領以降で初めて犬や猫などと一緒に暮らさない大統領だった。

バイデン氏は2018年、デラウェア州の動物保護団体を通じてメイジャーを引き取った。チャンプは2008年からバイデン家で家族と一緒に暮らしている。

メイジャーを保護していた団体は、子犬時代をシェルターで過ごしたメイジャーがバイデン家に引き取られ、ホワイトハウスの「ファーストドッグ」にまでなったと祝福し、メイジャーは全ての犬がアメリカンドリームを達成できることの証だとコメントした。

オバマ元大統領は当選後、2人の娘たちに子犬を飼うことを約束。2009年にポルトガル・ウォーター・ドッグの「ボー」が故エドワード・ケネディ上院議員からオバマ家に贈られた。2013年には同じ犬種の「サニー」がオバマ家の一員となった。

ジョージ・W・ブッシュ大統領も愛犬家として知られる。スコティッシュ・テリアの「バーニー」はブッシュ氏と一緒に大統領専用機に乗り込み、ホリデーシーズンのビデオメッセージにも登場した。2013年にバーニーが亡くなった際ブッシュ氏は「政治のことはいっさい口にせず、常に信頼できる友だった」とコメントした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  2. 2

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  3. 3

    国内の感染者第一号から1年 一向に有事モードに完全転換しきれない政府

    塩崎恭久

    03月04日 18:03

  4. 4

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  5. 5

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  6. 6

    中国が特許件数2年連続で首位 いまや技術の「質」も苦しい立場の日本

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    03月04日 08:36

  7. 7

    「私自身が判断したい」という総理発言は何故素直に受け入れられないのか

    近藤駿介

    03月04日 13:30

  8. 8

    選挙のために「消費税廃止」を訴える野党は、国民を騙しているだけだ

    PRESIDENT Online

    03月04日 14:20

  9. 9

    石原さとみへの激怒報道を一蹴!綾野剛が現場で見せた男気

    女性自身

    03月04日 16:19

  10. 10

    毒蝮三太夫84歳「ワクチン打つ」それがコロナ時代を生きる俺の『飲む打つ買う』だ

    毒蝮三太夫

    03月04日 08:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。